開拓使の設置

 明治時代は、北海道本土をはじめ、北方四島と千島列島の開拓も、随分と進められた時代でした。
 まず明治2年、(1869)に「開拓使」という役所を置き、それまでの「蝦夷地」を「北海道」に改名。明治4年(1874)に屯田兵制度を導入することを決定し、明治8年(1875)には、本州からやってきた労働者を道内各地や北方四島に配置しました。
 そして、「樺太・千島交換条約」締結の翌年、明治9年(1876)、北海道開拓使長官黒田清隆が、はじめて北方四島と千島列島全島を視察し、開拓と警備の重要性を政府に進言しました。
 その後、明治13年(1880)には、新しい行政組織のもと、色丹島、国後島、択捉島、の3島に村役場が置かれ、郵便局や小学校も設けられました。道路や港も整備され、次第に住み良い環境が整えられていったのです。島への移住者が増えていったのもこの頃からでした。
 一方、ウルップ島以北の千島列島に住んでいた島民は、交換条約発効後、国籍所属を決められ、それぞれの領地へ移住しました。
 ウルップ島、シムシル島のアリュート人はロシア領へ引き揚げ、シュムシュ島のクリル人は色丹島へ移住。こうして、ウルップ島以北の島々には、定住者がいなくなりました。その後、海獣保護区の設定をしましたが、外国の密漁船は後を絶ちませんでした。
千島列島開拓