別海町歌

作詞花山 三郎 氏
作曲飯田 三郎 氏
一.
東の大地赤輪仰ぎ
広野を拓きし我が父祖よ
あゝたくましき酪農の夢まどか
大別海のあゆみぞ誇れる

二.
流氷白くオホーツクとざす
さく風ついてはちからよ
あゝさかんなり燃ゆる血も赤々と
大別海に生き抜く我等は

三.
春風やわく無限のみどり
悠揚たりや乳牛のむれ
あゝゆたかなりこの郷はとこしえに
大別海に未来をはぐくむ

四.
白鳥高く大空翔ける
入江に漁る打瀬舟
あゝうるわしきこんぺきの波寄せる
大別海に未来ぞかゝ゛やく