長期優良住宅固定資産税減額制度

 平成20年度の地方税法の改正により「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定する長期優良住宅を新築した場合、当該家屋に係る固定資産税が減額されます。
 詳しくは下記の国土交通省ホームページをご覧ください。

対象となる長期優良住宅の要件

  • 長期優良住宅の普及の促進に関する法律に規定する認定長期優良住宅
  • 平成21年6月4日から令和2年3月31日までの間に新築された住宅
  • 期限が平成30年3月31日から2年間延長されました
  • 人の居宅の用に供する部分の床面積が当該家屋の床面積の2分の1以上である住宅
  • 住宅部分の床面積が50以上280平方メートル以下(一戸建以外の賃貸住宅の場合は40平方メートル以上)

減額の内容

  • 居住部分の床面積が120平方メートル以下の場合
税額は2分の1となります。
  • 居住部分の床面積が120平方メートルを超える場合
120平方メートルに相当する部分の税額は2分の1となります。(120平方メートルを超える部分については減額されません。)

減額される期間

  • 認定長期優良住宅  新築後5年間
  • 上記のうち中高層耐火・準耐火建築物 新築後7年間
 (土地に係る固定資産税は減額されません。)

減額を受けるための手続き

 次の書類を、新築した翌年の1月31日までに提出してください。
  • 認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額申告書

 申請書は下記からダウンロードできます。
  • 長期優良住宅の認定書の写し
 
(認定書交付までの簡単な流れ)
  1. 申請者の方が登録住宅性能評価機関に技術的審査依頼をします。
  2. 登録住宅性能評価期間から適合証の交付を申請者の方が受けます。
  3. 申請者の方はその適合証を持って別海町役場事業課建築担当で認定申請の受付をします。
  4. 別海町役場事業課建築担当は認定申請書を根室振興局に送り審査を受けます。
  5. 審査が終わり根室振興局から認定書が別海町役場建築住宅課建築担当に送付されてきます。
  6. 別海町役場建築住宅課建築担当が認定書を申請者の方へ交付します。