固定資産税の縦覧制度

   固定資産税の縦覧制度は、自分の資産の評価額が適正かどうかを客観的に判断するために、ほかの資産の評価額と比較できる制度です。

縦覧できる内容

  • 土地(所在・地番・地目・地積・評価額)
  • 家屋(所在・家屋番号・種類・構造・建築年・床面積・評価額)
  • 償却資産については縦覧の対象ではありません。

縦覧できる人

 固定資産税の納税者または委任を受けた代理人(委任状が必要です)に限り縦覧できます。同居の家族や納税人及び共有者は本人と同様に縦覧できます。
 縦覧する場合は、地番の指定をしていただく必要があります。

持ち物

 本人確認ができる物(納税通知書・課税明細書・運転免許証など)

縦覧期間

 毎年4月1日から固定資産税第1期の納期限である6月末日までの3カ月間です。(土曜日、日曜日、祝日を除く)
 納期限が土曜日、日曜日、祝日の場合は翌月の最初の平日まで縦覧できます。

縦覧場所

 税務課、各支所(連絡事務所では縦覧できません)