マイナンバーを記載する手続きの際の本人確認

 マイナンバーを使う手続きでは、他人のなりすましや不正な申請を防止するため、厳格な本人確認を行うよう法律で決められています。
 本人確認では、
  1. 正しいマイナンバーであることの確認(番号確認)
  2. 手続を行う方が番号の正しい持ち主であることの確認(身元確認)
 を行います。

マイナンバー確認と身元確認に必要な書類

マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている場合

マイナンバーカード

マイナンバーカード

マイナンバーカード(個人番号カード)1枚で番号確認と身元確認が行えます。

マイナンバーカード(個人番号カード)を持っていない場合

  1. 番号確認(マイナンバー入り住民票など)
  2. 身元確認(運転免許証、パスポートなど)
 令和2年5月25日をもって、通知カードが廃止されました。通知カードについては、券面に記載されている氏名、住所等が最新の情報と一致している場合に限り、引き続きマイナンバー(個人番号)を証明する書類としてお使いいただけます。

身元確認のポイント

1点確認でよいもの運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、精神障害者保健福祉手帳(顔写真付き)、療育手帳、特別永住者証明書 等
2点確認するもの公的医療保険の被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書 等