代理人によるマイナンバーを記載する手続きの際の本人確認

 マイナンバーを使う手続きでは、他人のなりすましや不正な申請を防止するため、厳格な本人確認を行うよう法律で決められています。
 代理人による手続きの場合は、
  1. 申請者本人のマイナンバー確認(申請者本人の通知カードなど)
  2. 代理人の身元確認(代理人の運転免許証など)
  3. 代理権の確認(法定代理人の場合は戸籍謄本等、任意代理人の場合は委任状等)
 を行います。

代理人のマイナンバー確認と身元確認に必要な書類

代理人の身元確認のポイント

基本的には顔写真付きのものは1点でかまいませんが、顔写真がないものは2点必要となります。
1点確認でよいもの運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、精神障害者保健福祉手帳(顔写真付き)、療育手帳、特別永住者証明書 等
2点確認するもの公的医療保険の被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書 等
※上記以外のものについては、手続きの前に担当課に確認をお願いします。