障害者虐待防止法の施行について

 障害者虐待防止法(正式名称「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」)が平成24年10月1日に施行されました。
 この法律は、障がいのある方の尊厳を守り、自立や社会参加の妨げとならないよう、虐待を禁止するとともに、その予防と早期発見のための取組みや障がいのある方を養護する人に対して支援措置を講じることなどが定められています。
 障がいの種類や障害者手帳の有無は問わず、
  • 養護者(家族や親族、同居人等)
  • 障害者福祉施設従事者等(施設、サービス事業所職員等)
  • 使用者(雇用主、管理者等)
 による虐待が対象となります。

虐待の種類

身体的虐待

 身体に外傷が生じたり、生じるおそれのある暴行を加えること又正当な理由なく身体を拘束すること。

性的虐待

 性的暴力を行ったり、性的行為をさせること。

心理的虐待

 著しい暴言、著しく拒絶的な対応、不当な差別言動、その他著しい心理的外傷を与える言動を行なうこと。

放棄・放任

 衰弱させるような著しい減食、長時間の放置、同居人・施設等利用者・他の労働者による上記1から3の行為を放置すること。

経済的虐待

 本人の同意なしに財産や年金、賃金を使うこと、また、本人に理由なく金銭を与えないこと。

ご連絡・相談先

 障がいのある方への虐待や疑いがある場合は、下記お問い合わせ先へご連絡・ご相談ください。

※夜間・土日祝祭日等は宿直者対応となりますので、連絡先を確認し、担当職員から折り返しご連絡いたします。