緊急通報システム

目的

 高齢者宅等に、家庭用緊急通報機器を貸与し、緊急受信センターと電話回線で直結させることで、急病や事故等の緊急時において迅速な救援活動ができる体制を整備することにより、高齢者等の日常生活の安全の確保と精神的な不安を解消し、福祉の増進を図ることを目的としています。

設置機器

  • 緊急通報用電話機
  • ワイヤレスリモートスイッチ(ペンダント型)
  • リモートスイッチ(通話可能)
  • ハンズフリーボックス
  • 火災センサー
  • ガスセンサー
  • 煙センサー
※一部機器は住宅の構造等により設置ができない場合があります。

緊急通報用電話機 設置例

利用者負担

 利用者の経費負担は、お使いになっている電話回線の基本料金および受信センターとの通話料金となります。なお、機器の設置に係る経費は町が負担します。
 また、急病、事故等の緊急時の救援活動の際、やむを得ない理由により家屋等を破損した場合、復旧に要する経費は利用者負担となります。

設置申請

 設置申請に関するお問合せや手続きにつきましては、下記お問合せ先までご連絡ください。
 なお、申請されてから機器を設置するまで、設置工事の都合上、1、2か月かかる場合がございますので、予めご了承ください。