高齢者等安否確認及び日常生活相談事業

目的

 人々との交流の少ない在宅のひとり暮らし高齢者宅等に定期的に電話、または訪問し、安否確認や日常生活の相談を受けることにより、高齢者等の安全の確保と孤独感や不安を解消することにより、自立状態の継続に寄与し福祉の増進を図ることを目的としています。

対象者

  1. 別海町高齢者等緊急通報装置設置事業に基づく、家庭用緊急通報装置の貸与を受けている方
  2. 65歳以上のひとり暮らしの高齢者等

実施回数

  • 電話による安否確認  1か月に2回以上
  • 訪問による安否確認  1か月に2回以上