幼児教育・保育の無償化について

 令和元年10月から、幼児教育・保育の無償化が始まりました。
 制度の詳細は以下のとおりです。
子ども・子育て新制度シンボルマーク(キャラクター)

保育料無償化の対象となる方

  • 3歳児から5歳児クラスのすべてのお子さん
 ※就学前3年度の保育料が無償となります。
  ただし、1号認定(教育希望)のお子さんは、満3歳児(3歳の誕生日の翌月からの入園)から無償となります。
  • 0歳児から2歳児クラスの住民税非課税世帯のお子さん
 1号認定(教育)2号認定(保育)3号認定(保育)
満3歳児から5歳児3歳児から5歳児満3歳児0歳児から2歳児
認定こども園無償無償住民税非課税世帯のみ無償住民税非課税世帯のみ無償
へき地保育園無償住民税非課税世帯のみ無償
小規模保育施設住民税非課税世帯のみ無償

給食費について

 給食費(ごはん等の主食費、おかず等の副食費)については無償化の対象外であり、保護者の方に実費負担をしていただくこととなります。

1号認定のお子さん

 1号認定のお子さん(教育希望の満3歳児から5歳児)については、制度改正前後で取扱いに変更はありません。引き続き保護者の方に実費負担をしていただきます。

2号認定のお子さん

 2号認定のお子さん(保育を必要とする3歳児から5歳児)については、令和元年9月までは副食費(おかず代等)が保育料に含まれる取扱いとなっていましたが、令和元年10月以降は、保護者の方に実費負担をしていただくこととなります。

副食費徴収免除について

 次の要件に該当するお子さんについては、副食費の徴収が免除されます。
  1. 年収360万円未満相当世帯のお子さん
  2. 小学校3年生以下のお子さんを基準とした、第3子以降の1号認定のお子さん
  3. 就学前のお子さんを基準とした、第3子以降の2号認定のお子さん
※免除の該当となる場合、保護者の方へ通知を送付します。免除にあたって特段の手続きは必要ありません。

3号認定のお子さん

 3号認定のお子さん(保育を必要とする0歳児から2歳児)については、制度改正後も、これまでどおり保育料に給食費が含まれる取扱いとなります。

関係資料