婚姻届

正式に結婚したと認められるには婚姻届が必要です

 法律上、夫婦と認められるためには「婚姻届」を提出する必要があります。たとえ長期間一緒に生活していても、届出していなければ内縁関係のままで終ってしまいます。
 
 婚姻届には、夫になる方と妻になる方、それぞれの署名・捺印と、20歳以上の証人2名の署名・捺印が必要です。

 婚姻届は、年中無休で休日や祝日でも受け付けています。休日や祝日に提出する時は、記入ミスがあった時に備えて、婚姻届に捺印した印鑑を持参しておくとよいでしょう。
 
 なお、婚姻届が市区町村で受理された日が結婚した日になります。

婚姻届

届出先・夫又は妻の本籍地か住所地
届出人・夫婦となる当事者又は代理人
必要書類・婚姻届
・届出先に本籍がない人は戸籍謄本
・印鑑(姓が変わる人の旧姓の印鑑も必要)
・本人確認資料(免許証、パスポート、マイナンバーカード等)
 婚姻届の書き方については、下記のPDFを参照ください。