重度心身障害者医療費助成

 心身に重い障がいのある方の医療費の一部を助成する制度です。
 対象となった方については、受給者証を医療機関に提示することにより、その場で助成が受けられます。

対象者

  • 身体障害者手帳1級又は2級の交付を受けている方
  • 身体障害者手帳3級(ただし、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫、肝臓の機能障がいのいずれかに限る。)の交付を受けている方
  • 療育手帳A判定の交付を受けている方
  • 精神障害者保健福祉手帳1級又は2級の交付を受けている方(2級は入院のみ対象)
※ただし、生計維持者の所得が下記所得限度額を超える方、生活保護を受けている方は、対象になりません。

所得限度額表

扶養人数所得限度額給与収入に換算した額
0人6,287,000円8,407,000円
1人6,536,000円8,684,000円
2人6,749,000円8,921,000円
3人6,962,000円9,157,000円
4人7,175,000円9,394,000円
5人7,388,000円9,931,000円
※以下、扶養人数1人につき、所得限度額に21万3千円を加算。
※老人扶養親族(70歳以上の扶養親族)があるときは、1人につき6万円を加算。

受給者証交付申請時に必要なもの

  •  障害者手帳等、障害の程度を証明するもの。
  •  健康保険証(国民健康保険、後期高齢者医療の方は必要ありません)
  •  印鑑
  •  所得課税証明書(その年の1月1日時点で別海町に住所がなかった方(1月1日以降に転入された方)のみ、所得課税証明書(所得額、控除額、扶養人数、市町村民税の課税・非課税が明記されているもの)を前住所地の税務課に請求してください。)

助成を受けた場合の自己負担額

住民税非課税世帯の方

  • 初診時一部負担金のみの自己負担となります。
  • 初診時一部負担額は医科580円、歯科510円、柔整270円です。

住民税課税世帯の方

  • 1割の自己負担となります。
  • 月額限度額があります。(平成30年8月から限度額が変更になりました)
区分限度額備考
入院と通院57,600円過去12か月以内で月額限度額に3回以上達した場合、4回目から44,400円
通院のみ18,000円年額限度144,000円、毎年8月から7月通院分
※ 上記限度額を超えて支払った一部負担金は、申請により払い戻します。

0歳から中学3年生までの方

  • 住民税非課税、課税に関わらず、無料となります。
  • 対象となるのは保険医療が適用される医療費で、文書料、容器代、入院時の食事代、予防接種等は、助成の対象になりません。

重度心身障害者医療費受給者証を使うことができなかったとき

 北海道以外の医療機関で受診した場合や、受給者証を提示せず受診した場合は、申請により、自己負担額を超えた額が支給されます。

申請に必要なもの

  • 重度心身障害者医療費受給者証
  • 領収書
  • 印鑑
  • 振込口座がわかるもの(通帳等)
※領収書はなるべく1か月ごとにまとめて申請してください。
※診療日の月末から2年以内に申請してください。

届出が必要なとき

  • 住所、氏名、加入保険等の変更があったとき
  • 別海町から転出するとき
  • 受給者が死亡したとき
  • 受給者証を紛失したとき
  • 障害の程度に変更があったとき