委員会とは

 町長または議長が定例会や臨時会に提出した案件は、最終的には本会議で決められますが、地方自治体の事務は、年々増加し複雑化しており、内容が幅広い分野にわたっています。

 そこで、本会議における最終的な判断を下す前に、きめ細かに案件を調査する機関として、政策分野別の審議、予算や決算に特化した審議、特別なテーマを審議するために、委員会制度が設けられています。

 また、議会の運営に関することも議員の中から委員を選定して審議しています。

常任委員会

 議会の常設機関として、町政の幅広い政策分野の3つに分け、それぞれ担当部門の議案や請願・陳情の審査・調査を行う委員会。
 住民の声を拾い、結果を報告する議員本来の活動の活性化を担当する委員会。
 別海町議会には、現在、4つの常任委員会があります。

総務文教常任委員会

 総務、財政、税務、防災、交通、総合計画、教育、消防、選挙管理員会、監査委員会、議会事務局などの政策分野を担当しており、執行機関の総務部と教育委員会などが所管する案件を調査します。
 別海町議会は定数6人、任期2年と定められています。

福祉医療常任委員会

 戸籍、環境衛生、子育て支援、高齢者・障がい者福祉、介護、病院などの政策分野を担当しており、執行機関の福祉部と町立別海病院が所管する案件を調査します。
 別海町議会は定数6人、任期2年と定められています。

産業建設常任委員会

 農林水産行政、商工・観光行政、労働行政、中小企業振興、道路・上下水道のインフラ整備、公共施設の建設・建築、地籍や公営住宅の管理などの政策分野を担当しており、執行機関の産業振興部と建設水道部、農業委員会が所管する案件を調査します。
 別海町議会は定数6人、任期2年と定められています。

広報・広聴常任委員会

 議会活動の取組や議会の結果、町政の状況などの町民への広報を担当しています。
 また、個々の議員の議員活動とは別に、議会全体として町民の声に耳を傾ける活動の運営を担当しています。
 別海町議会は定数7人、任期2年と定められています。

議会運営委員会

 議会の運営が円滑に行われるよう議会運営に関する諸問題や議長から諮問された事項などについて調査・審査するため設置されています。
 別海町議会は定数5人、任期2年と定められています。

特別委員会

 大部分の議案は、常任委員会で審査されますが、特定の問題や町政のうち特に重要な事項を調査・研究するため必要に応じて議会が認めた場合に設置されます。
 別海町議会は、現在のところ、当初予算・前年度決算を審査する特別委員会を設置し、予算・決算を審議しています。