災害被害を軽減する「減災のてびき」

 内閣府において、災害による被害を少しでも減らすため、個人や家庭、地域、企業、団体等が日常的に減災のための行動と投資を息長く行う国民運動を推進する取組みの一つとして「減災のてびき」が作成されました。

 下記のリンクからご覧いただき、家族や企業などで話し合いをする際の参考としてください。

 なお、「減災」とは、防ぐことが困難な災害が発生した場合における被害を減少させることを指します。