児童扶養手当

 児童扶養手当は、父母の離婚などにより、父又は母と生計を同じくしていない児童を養育しているひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図るための制度です。

受給の要件

 以下のいずれかに該当する児童(18歳に到達する日の属する年度の3月31日まで。児童の心身に障がいのあるときは20歳の誕生日の前日まで。)を監護している父または母、父母にかわってその児童を養育している人に支給されます。
 
  • 父母が離婚した後、父又は母と生計を同じくしていない児童
  • 父又は母が死亡した児童
  • 父又は母が重度の障がいの状態にある児童
  • 父又は母の生死が明らかでない児童
  • 父又は母から1年以上遺棄されている児童
  • 父又は母が1年以上拘禁されている児童
  • 母の婚姻によらないで生まれた児童
  • 父母ともに不明である児童

支給額

(令和2年4月改正)全部支給一部支給
第1子43,160円43,150円から10,180円
第2子10,190円10,180円から5,100円
第3子以降6,110円6,100円から3,060円

所得制限

受給者の所得制限

 受給者の前年分の所得が、所得制限限度額以上の場合は、手当の一部又は全部が支給停止されます。
扶養親族等の人数所得制限限度額(全部支給)所得制限限度額(一部支給)
0人49万円192万円
1人87万円230万円
2人125万円268万円
3人163万円306万円
4人201万円344万円
5人239万円382万円

孤児等の養育者・配偶者・扶養義務者の所得制限

 孤児等の養育者・配偶者・扶養義務者の前年分の所得が、所得制限限度額以上の場合は、手当の全部が支給停止されます。
扶養親族等の人数所得制限限度額
0人236万円
1人274万円
2人312万円
3人350万円
4人388万円
5人426万円

支給日

 手当は認定請求日の翌月分からが支給対象となります。
 年6回、それぞれ2か月分が支給されます。
 11日が土曜日、日曜日、祝日等の場合、直前の金融機関営業日に支払われます。
支給日対象となる月
1月11日11月、12月分
3月11日1月、2月分
5月11日3月、4月分
7月11日5月、6月分
9月11日7月、8月分
11月11日9月、10月分