令和2年国勢調査

 今年は5年に1度の国勢調査の年です。
 大正9年の第1回調査以来、今年は21回目の実施に当たり、実施100年の節目を迎えます。

国勢調査とは

 5年に一度実施される国の最も重要な統計調査です。国勢調査の結果は、災害対策や生活環境整備、福祉施策など様々な施策の計画策定などに利用されます。

調査の期日

 令和2年10月1日現在で実施します。

調査の対象

世帯員について

「男女の別」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」、「従業地又は通学地」など15項目

世帯について

「世帯員の数」、「世帯の種類」、「住居の種類」、「住宅の建て方」の4項目

調査の流れ(予定)

9月14~20日居住確認、オンライン回答用ID及び調査票を配布
9月14日~10月7日オンライン回答期間
10月1日~7日世帯にて調査票の記入期間、調査票の回収
10月8日~15日調査票未提出世帯から調査票を回収

結果の公表

 調査の結果は最も早い「人口速報集計」が令和3年2月に公表され、その後、年齢別人口・世帯の状況などを集計した「人口等基本集計」が令和3年9月までに公表される予定です。
 公表された調査結果については、総務省統計局のホームページなどで、どなたでもご覧いただけます。