新生児聴覚検査費の助成

別海町では平成31年4月1日以降実施された新生児聴覚検査費用の全額を助成します。

新生児聴覚検査とは

  早期に難聴の有無を発見するために赤ちゃんに行う聴覚検査です。
 難聴のあることを気づかずにいると、ことばの発達が遅れたり、コミュニケーションがとりにくいなどの支障が起きます。早く見つけて適切な支援をすることによって、赤ちゃんの言語の発達を助けることができます。
 しかし、通常の診察では判断することが困難なため、新生児聴覚検査を受けることをお勧めします。
 

対象検査方法

  自動難性脳幹反応(AABR)と耳音響反射(OAE)のふたつの方法があり、どちらも赤ちゃんへの負担はありません。

新生児聴覚検査票の交付

対象者

  • 検査を受ける時に別海町に住所のある新生児の保護者

助成対象となる検査の回数

  • 初回検査と確認検査(初回検査で再検査と判定)の2回まで

助成額

  • 初回検査および確認検査にかかった費用の全額

新生児聴覚検査票の交付

 新生児聴覚検査票の交付は検査を委託医療機関で受ける場合と委託医療機関以外で受ける場合で対応が異なります。
 下記の『新生児聴覚検査票の交付について』をご確認ください。
 町立別海病院と市立釧路総合病院は別海町の委託医療機関となっています。
 
イメージ
新生児聴覚検査票参考図

出産した医療機関で新生児聴覚検査を受けなかった場合

 退院後、新生児聴覚検査を行っている医療機関を受診されることをお勧めします。