河川環境等水質調査の結果について

 令和2年度(5月、7月、8月、10月)に実施しました町内9河川(西別川、然内川、清丸別川、ポンヤウシュベツ川、ヤウシュベツ川、風蓮川、当幌川、春別川、床丹川)の19地点で行った水質調査並びに10月、11月に行った湖沼調査(風蓮湖1地点及び河口3地点)の結果をお知らせします。

調査目的

  1. 別海町の主要な河川の水質分析をすることにより、河川環境の実態を把握すること。
  2. 風蓮湖及びその河口の水質分析を行い汚濁状況の把握及び過去との比較をすることによる汚濁の進行の実態を把握すること。

調査結果

 令和2年度に別海町内の河川、湖沼で実施した水質調査結果は以下のとおりです。

河川調査

 河川水質は河川水の流れが停滞することによってできた濁りが(生物化学的酸素要求量)、SS(浮遊物質量)に影響し、8月の水温上昇が大腸菌群数、DO(溶存酸素量)に影響を与え基準不適合になった地点が見られました。
 

湖沼調査

 湖沼水質は、強雨や降雨による有機物の多寡により基準不適合となった地点も見られましたが、過年度と比較し著しく汚濁が進行した地点はありませんでした。

結論

 河川では河川水の流れが停滞することによってできた濁りによるBOD、SSの基準超過、水温上昇によるDO、大腸菌群数に基準超過が確認されました。令和2年度では6地点10データが環境基準に適合しませんでしたが、平成26~28年度まで続いた基準不適合データの増加傾向は平成29年度から連続して減少に転じ、基準不適合データ数は過去10年で最小であったため水質の回復がうかがえます。
 湖沼では著しく汚濁が進行した地点はみられなく、現時点で早急な水質改善の対策は必要ないと考えられます。
 なお、アンモニア態窒素は平成20年頃から増加傾向にあり、亜硝酸態窒素や硝酸態窒素はスパイク状に増加することが過去に確認されていることから、今後これらの窒素の増加傾向を注視していきます。

その他

 道で調査している河川水質結果については、下記リンクからご覧いただけます。
 西別川(別海橋・長栄橋)、風蓮川(風蓮橋・ポン川橋・万年橋)、別当賀川(別当賀橋)など