新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

1 接種証明書(ワクチンパスポート)とは

 海外渡航用の目的で、新型コロナウイルスワクチン接種記録等を公的に証明するものです。
 通常、国内では予防接種を受けた方にお渡しする接種済証または接種記録書が接種事実の証明となりますが、国際的な往来における利用の際、接種済証や接種記録書では、英語の表記、記載事項の不足、偽造防止といった課題があるため、接種済証とは別にワクチン接種証明書を接種者からの申請に基づき交付します。

2 対象者

以下のいずれにも該当する方
・別海町から発行された接種券を利用して新型コロナワクチン接種を
 受けた方
・海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国
 による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を
 必要とする方

3 申請に必要な書類

1 交付申請書※1 (下記よりダウンロードできます)
2 海外渡航時に有効なパスポート(身分事項記載ページ)の写し
3 接種済証(医療従事者等の方は接種記録書)の写し

※代理人が申請する場合
1 代理人の本人確認書類(健康保険証、運転免許書等)
2 委任状※2 (下記よりダウンロードできます)

4 申請方法

申請に必要な書類をお持ちのうえ、別海町民保健センター窓口で申請してください。
なお、窓口申請は、本人または委任状を持参した代理人の方のみです。

参考

接種証明書を入国の際に提示することにより防疫措置が免除または緩和される国・地域については、外務省海外安全ホームページをご確認ください。