新型コロナウィルス感染症について

お知らせ

 令和元年12月以降、中国湖北省武漢市において新型コロナウイルス関連肺炎が報告され、日本国内(根室管内)においても感染が確認されています。
 感染症対策の基本は、風邪やインフルエンザと同様に通常の感染症対策を行うことが重要です。

日常生活で気を付けること

 まずは手洗いが大切です。
 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石鹸やアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

医療機関にかかるときのお願い

  • 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えてください。
  • 発熱等の風邪症状が見られた場合は、毎日体温を測定し、記録してください。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずはかかりつけ医等に電話でご相談ください。

帰国者・接触者相談センター等にご相談いただく目安

 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
 ※妊婦の方につきましては、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
 
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
 中標津保健所でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、専門の医療機関をご紹介しています。
 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。
 「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。
 詳しくは下記URLからご覧いただけます。

一般的なお問い合わせなどはこちら

 ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。
厚生労働省相談窓口
  • 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間 9時から21時(土日・祝日も実施)
  ※聴覚に障害がある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方  FAX 03-3595-2756
相談窓口電話番号開設時間
中標津保健所
(帰国者・接触者相談センター)
0153-72-2168平日 8時45分から17時30分まで
北海道保健福祉部
保険安全局地域保健課
011-204-5020平日 17時30分から21時まで
土日祝 9時から17時まで