ヒグマ被害防止対策の徹底について

お知らせ

 令和3年6月14日に厚岸町トライベツの国有林において、施業の下見のため入林した作業員2名のうち1名がヒグマに襲われ負傷する事故が発生しました。4月にも厚岸町や富良野町において、入林者がヒグマに襲われ死亡あるいは負傷するという痛ましい事故が発生しています。

 山に入る際には、「ヒグマがいるかもしれない」という意識で注意していただき、以下の事項に留意するようお願いします。

ヒグマに遭遇しないために
○事前に市町村が提供しているヒグマの出没情報を確認すること
○単独作業を避け、複数で作業すること
○鈴など音の出るものを鳴らしながら作業すること
○フンや足跡、野生動物の死骸を見たら引き返すこと
○食べものやゴミは必ず持ち帰ること
○朝夕などの薄暗いときには行動しないこと

いざという時のために
○ナタやノコギリを携帯すること
○クマ撃退スプレーを携帯すること
 ※いざという時のため、クマ撃退スプレーの使用方法及び注意事項をよく確認のうえ使用してください。