特別定額給付金について

スケジュールについて(予定)

申請書の発送5月25日(月曜日)から
申請書の受付開始5月26日(火曜日)から
申請口座への振込開始6月上旬から

特別定額給付金

 令和2年4月20日に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。
 詳細については、以下の総務省のホームページをご覧ください。

給付対象者および受給権者

  • 給付対象者
基準日(令和2年4月27日)において、別海町の住民基本台帳に記録されている方
  • 受給権者
その者の属する世帯の世帯主

給付額

給付対象者1人につき10万円

給付金の申請および給付の方法

郵送による申請

 5月25日(月曜日)から、世帯主の方に申請書を順次発送いたします。
 申請書に必要事項を記入し、本人(世帯主)確認書類のコピーと振込先口座確認書類のコピーを返信用封筒に同封し、総務課特別定額給付金担当宛まで返送してください。

本人確認書類について

  • 運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(通知カードは不可)、パスポート、身体障がい者手帳、年金手帳、外国人登録証明書などのコピーが、本人確認書類として認められます。
  • 世帯主の方が申請する場合、世帯主の方の確認書類のみ同封してください。(世帯員の方の本人確認書類は不要です。)

振込先口座について

  • 通帳を開いて中面(金融機関名、店番号、普通・当座の別、口座番号、口座名義人がわかる面)をコピーし、振込先口座確認書類として同封してください。
  • 水道料金や住民税等の引落し、児童手当等の受給口座として、既に役場に届出をしている口座に振込みを希望する場合は、通帳のコピーの提出は不要です。(申請書の口座情報欄への記入は必要です。)

オンラインによる申請

 国が管理するマイナポータルを利用し、5月26日(火曜日)からオンライン申請の受付を開始しますが、オンライン申請には、以下の準備が必要となります。

オンライン申請に必要なものと事前準備について

  • 世帯主のマイナンバーカード(紙製の通知カードでは利用できません。)
  • マイナンバーカードのパスワード(カード申請または交付時に設定した署名用電子証明書のパスワード(英数字6~16桁)が必要です。
  • マイナンバーカードの読取りに対応したスマートフォンまたはICカードリーダーを接続したパソコン
  • 振込先口座情報の画像データ
  • マイナポータルAPのインストール(マイナンバーカードの読取りに必要なアプリケーションをスマートフォンまたはパソコンにインストールします。)
オンライン申請について、詳しくは以下のリンク先からご確認ください。
オンライン申請は、以下のリンク先(マイナポータルサイト)から行います。

配偶者からの暴力を理由に避難している方の取扱い

 配偶者からの暴力を理由に住民票を移さず別海町に避難している方で、一定の条件を満たしている方は、所定の手続きをしていただくことで、特別定額給付金の給付を受けることができますので、担当までご相談ください。
 申出期間は、令和2年4月24日(金曜日)から令和2年4月30日(木曜日)までですが、申出期間を過ぎた場合でも、申出書を提出できます。
 
【連絡先】 町民課 町民生活担当 0153-75-2111 内線:1211 

給付金を装った詐欺に注意!

 新型コロナウイルス感染症の特別定額給付金の支給に関連した特殊詐欺の発生が予想されます。官公庁職員が「ATMの操作」をお願いすることや、特別定額給付金の給付のために「手数料の振り込み」を求めることは絶対にありませんので、ご注意願います。

【お問合せ先】 警察相談専用電話(♯9110)

外国人の方への特別定額給付金のお知らせ

 総務省では、外国人の方への特別定額給付金のお知らせを行っています。
 詳しくは、下記リンク先からご確認ください。
総務省で周知している多言語広報は以下のとおりです。