子どもの予防接種

 本町では、予防接種法に基づき病気の発生やまん延を防ぐため、町内の医療機関で予防接種を実施していますので、望ましい接種年齢(病気にかかりやすい年齢を考慮して定められた期間)に達しましたら、早めに予防接種を受けましょう。

定期予防接種

種類とスケジュール

BCG(結核)

  • 種類 生ワクチン
  • 回数 1回
  • 接種対象者及び接種間隔
0歳児が対象です。標準的な接種期間は生後5か月から8か月の間です。

四種混合 1期(DPT-IPV)(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)

  • 種類 不活化ワクチン
  • 回数 4回
  • 接種対象者及び接種間隔
3か月から7歳6か月になる前日までが対象です。初回接種(3回)は20日以上の間隔で接種し、追加接種は初回接種終了後12か月から18か月の間に接種します。

二種混合 2期(DT)(ジフテリア・破傷風)

  • 種類 不活化ワクチン
  • 回数 1回
  • 接種対象者及び接種間隔
対象者は、平成19年4月2日から平成20年4月1日生まれの方です。
接種方法は学校を通じて、連絡します。

麻しん風しん混合(MR) 1期・2期

  • 種類 生ワクチン
  • 回数 1期1回・2期1回
  • 接種対象者及び接種間隔
1期 1歳児が対象です。1歳になったらなるべく早く受けましょう。
2期 対象者は、平成25年4月2日から平成26年4月1日生まれのお子さんです。(誕生日に関係なく4月1日から接種できます。)令和2年3月31日までに接種しましょう。

水痘(水ぼうそう)

  • 種類 生ワクチン
  • 回数 2回
  • 接種対象者及び接種間隔
1歳、2歳児が対象です。1歳になったらなるべく早く受けましょう。1回目は1歳から1歳3か月の間に接種し、2回目は1回目接種終了後6か月から12か月の間隔をおいて接種します。(既に水痘に罹患したことがあるお子様は対象外です。)

日本脳炎

  • 種類 不活化ワクチン
  • 回数 4回
  • 接種対象者及び接種間隔
1期は生後6か月から7歳6か月になる前日まで、2期は9歳から13歳の誕生日の前日が対象です。標準的には、3歳で2回、4歳で1回、9歳で1回を接種します。
特例措置として、20歳未満までの間に接種できる年代の方がいます。詳しくは、ホームページをご覧になるか保健センターまでお問合せください。

ヒブ(Hib)

  • 種類 不活化ワクチン
  • 回数 1から4回
  • 接種対象者及び接種間隔
2か月から5歳の誕生日の前日までが対象です。初回接種(3回)は27日以上の間隔で接種し、追加接種は初回接種終了後7か月から13か月の間に接種します。
  • 接種開始月齢によって接種回数が異なります。
接種開始月齢回数
生後2か月から6か月初回3回 追加1回 計4回
生後7か月から11か月初回2回 追加1回 計3回
1歳から4歳1回

小児用肺炎球菌

  • 種類 不活化ワクチン
  • 回数 1から4回
  • 接種対象者及び接種間隔
2か月から5歳の誕生日の前日までが対象です。初回接種(3回)は27日以上の間隔で接種し、追加接種は初回接種が終了してから概ね60日以上の間隔をあけて1歳以降に接種します。接種開始月齢によって接種回数が異なります。
接種開始月齢回数
生後2か月から6か月初回3回 追加1回  計4回
生後7か月から11か月初回2回 追加1回  計3回
1歳2回(60日以上の間隔をあけて接種)
2歳から4歳1回

B型肝炎

  • 種類 不活化ワクチン
  • 回数 3回
  • 接種対象者及び接種間隔
0歳児が対象です。標準的には2か月から9か月の間に3回接種します。27日以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種します。

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)

  • 種類 不活化ワクチン
  • 回数 3回
  • 接種対象者及び接種間隔
対象者は、平成15年4月2日から平成20年4月1日生まれの小学6年生から高校1年生に相当する女子です。標準的な接種は中学1年生になります。
現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にお勧めはしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。(平成25年6月14日、厚生労働省通知)

違う種類のワクチンを接種する場合の間隔

 生ワクチンを接種した場合 27日以上(4週間)あけてください。
 不活化ワクチンを接種した場合 6日以上(1週間)あけてください。

予防接種が受けられる医療機関

病院名電話番号接種曜日受付時間予約
町立別海病院0153-75-2311火曜日、木曜日午後12時30分から午後3時不要
西春別駅前診療所0153-77-2350火曜日から木曜日午後1時30分から午後2時不要
尾岱沼診療所0153-86-2625月曜日から木曜日午後1時30分から午後3時必要
 曜日により接種できるワクチンが違います。詳しくは、保健センターか医療機関へお問合せください。

予防接種に関するQ&A

接種費用は?

 町が行う定期の予防接種は、無料(町負担)です。
 ただし、予防接種法に定められた期間を過ぎると有料になります。
 また、任意の予防接種は、有料(医療機関が定める額)です。

町内で接種できない場合は?

 接種期間に、何らかの理由で別海町で接種できない場合(3か月以上の長期不在となる場合や、疾病等で掛かりつけ医による接種が必要な場合)は、保健センターにご相談ください。

予防接種を受けて、健康被害となった場合は?

 予防接種後健康被害救済制度があります。
 予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。定期の予防接種による健康被害が発生した場合には、救済給付を行うための制度がありますので、保健センターにご相談ください。