【令和3年5月11日】別海町役場の新型コロナウイルス感染症対策について

【令和3年5月11日】別海町役場の新型コロナウイルス感染症対策について

 根室管内にもコロナウイルス変異株が蔓延してきているが、別海町は役場として時差出勤などしないのですか?
 久々に来てみたけれども、常にフルで働いている必要はあるのか?感染リスクの方が大きいのではないか。
 午前と午後に分けるだけでも、万が一役場内で蔓延しても、感染リスクを下げられるのではないか?
 いざ蔓延したときに行政が止まってしまってはダメだろう。

【令和3年5月12日】総務課回答

 時差出勤の実施や交代制勤務などについて、行政機能の維持を優先したうえで可能かどうか検討を進めているところですが、現在行っている感染防止対策として、役場窓口カウンターすべてに仕切り(透明シート)を設置したほか、職場内においても、対面する職員の間にアクリル板を設置し、飛沫感染防止を行っています。
 また、テレビ会議や書面会議を活用することで、人が密集する機会をなるべく回避する等、可能な限り接触機会を減らすよう努めています。
 町としましては、十分な感染防止対策を講じつつ、町民の皆さまの生活に支障がないよう、町役場としての機能を維持することを優先したうえで、今後も可能な限り接触機会の低減に努めてまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。