【平成31年1月10日】職員の処分について

【平成31年1月10日】職員の処分について

 1月8日、9日の北海道新聞に掲載された町職員による窃盗について。

 記事内容は、「職員が窃盗の疑いで逮捕され、その後その職員は総務課へ異動させた」と読みました。
 個人の借金返済目的の窃盗は、懲戒解雇処分相当と私は考えます。
 未だ罪が確定していないので処分していないのか、職員就業規則では懲戒解雇処分に該当しない事になっているのかを開示して頂きたい。もし後段の理由であれば、職員就業規則及び町のコンプライアンス関連規則を開示して頂きたい。
 御回答の程宜しくお願い致します。

【平成31年1月16日】総務課回答

 ご投稿者様

 この度は、本町職員が窃盗という違法行為を行ったことにつきまして、改めて深くお詫び申し上げます。
 また、今後このようなことが起こらないよう、町全体として再発防止と職員の資質向上に努めてまいります。
 お問い合わせのありました件について、部署異動は処分ではなく、今後職員の懲戒について定めた条例等の規定にのっとって厳正に対処していくこととなります。なお、懲戒処分を行った場合はその処分内容等を公表することとなりますのでご理解の程よろしくお願いいたします。