【令和元年10月9日】別海保育園入園の係る抽選について

【令和元年10月9日】別海保育園入園に係る抽選について

多数の声が聞こえてきたので町民の声としてお伝えします。
保育園の抽選の話です。
言葉の発達や環境に適応する力が弱く児童デイサービスに通うことになった子が抽選で仮に別海保育園を出なければならなくなった時、今までの積み重ねでやっと慣れて引き出てきた部分がリセットされてしまい子供のストレスにしか繋がらないと考えています。言い方は適切ではありませんが、なんの問題もないお子さんでもいきなり環境が変わるとストレスです。それが障害のある子供となるとさらに大ごとです。デイの職員さんも同意見だったり現実を改善すべき声は多いと伺いました。未満児が多いから抽選という措置を取っていることは理解できない訳では無いです。でも、児童デイに通うような障害のある子供達については抽選対象外とする、兄弟で同一保育園なら対象外など対象範囲を見直すべきです。来年抽選までまだ時間あります。この問題は障害のある子供を抱える親、受け持つ先生達、なにより子供達本人にとってとても重要な問題です。早急に検討願いたいと伴に実現することを強く願います。
 

【令和元年10月15日】福祉課回答

ご投稿者様

この度は、貴重なご意見をいただきありがとうございます。
別海保育園の入園選考方法について回答します。
 
認定こども園(別海保育園)の入園選考方法については、施設が認可を受けた利用定員の超過が見込まれる場合、選考により入園児を決定することとしています。
選考方法の一つとして、本町においては3歳未満児を受け入れる施設が少なく、待機児童を発生させないための子育て支援策のひとつとして、3歳未満児を優先し決定する必要があることから、3歳以上児のクラスにおいて利用調整を行っております。
また、利用調整(抽選)を行う場合は、一律に行っているものではなく、優先世帯を設定し、利用調整の対象から除く対応をしているところです。
なお、本町の教育・保育施設においては、障がいの有無に関わらず、すべてのお子さんを公平に安心してお預かりできる体制整備に努めております。
今後におきましても、各教育・保育施設と連携し子育て支援に努めて参りますので、本町の福祉行政推進に御理解、御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

その他、ご不明な点につきましては、担当までお問い合わせください。