【令和元年11月21日】散歩者のマナーについて

【令和元年11月21日】散歩者のマナーについて

別海旭町、特に小学校付近でペットの散歩をしている飼主にマナーが大変悪く、とても腹が立ちます。
通学路でもある歩道に沢山の糞がそのまま放置されています。わが家も犬を飼っていて散歩をさせますが、放置されている糞を踏んでしまわないかとハラハラします。わが家の者は、糞をもちろん必ず拾い、家のトイレに流します。
自分のペットの糞を拾えない飼主は迷惑なので散歩しないでほしい‼‼‼
迷惑行為である事を立て看板等にできないものでしょうか?
みんなが気持ちよく過ごせる町になるよう飼主への罰則等をつくるべきと思います。
切に願います‼

【令和元年11月27日】町民課回答

 ご投稿者様

 ホームページから頂いたご意見・ご要望について回答します。

 町では、犬を飼う際のマナーについて、町広報誌やホームページへ掲載しているほか、犬の登録時や狂犬病予防注射時に啓発チラシを配布するなどし、飼い主への周知に努めているところです。
 また、悪質なマナー違反については、違反者が特定できる場合、直接指導も行っているところです。
 町の条例上、罰則の規定は既に設けられていますが、まずは指導したうえで改善していただくことが大事だと考えていますので、当該者が散歩する時間帯や場所、特徴などについて差し支えない範囲で情報を提供していただければと思います。

 看板の設置についても適切な設置場所が不明であるため、この点についても情報提供いただければ、設置について検討したいと思います。

 今後も飼い主のマナー向上にむけて周知啓発に取り組んでまいりますので、ご理解のほどお願いいたします。