別海町議会 一般質問の質問者と質問項目

 一般質問とは、議員個人に与えられた権利であり、町政全般について、町の姿勢、計画、事務事業、予算執行などについて、町が町民のために適切に仕事をしているか議員がチェックする機会であり、年に4回の定例会期間中に行われます。

 一般質問は、1人当たりの持ち時間が1時間に制限されており、一問一答方式で行われます。

 議会議員は、町長と同様に選挙で選ばれた公選職であり、人数は違えど、町民の審判を仰ぎ、町民の代表である立場としては同等です。このため、議会議員には、行政とともに町政をけん引する車輪の役割だけでなく、行政が町民感覚や町民目線からかけ離れたらブレーキをかけて、計画通りに町政が進まないときにはアクセルを踏む、こうした役割もあります。

 まさに、一般質問は、これらの役割を発揮するために与えられた政策論議の舞台です。

 傍聴のために事前の申し込みは必要がありません。別海町役場本庁舎4階でお待ちしています。

令和元年第2回定例会

 以下の一般質問は、令和元年第2回定例会において行われます。
 一般質問の質疑の結果は、議会だより8月号に掲載予定です。
 また、質疑の詳細は、会議録を公開する予定です。会議録の調製には時間を要しますので、公開までお待ちください。

定例会2日目 令和元年6月19日 一般質問 通告内容一覧

1 田村 秀男 議員  (午前10時00分登壇予定)

  1. まちづくりの基本姿勢について
    (1)第7次別海町総合計画策定の過程において、策定審議会の審議や答申内容から計画に反映された意見はあるか。
    (2)別海町への通勤・通学者ほかの総合計画策定作業への参加については。
    (3)今後予定される総合計画の見直し作業における議会との関与の考え方は。
  2. 人口減少対策について
    (1)人口ビジョンに掲げる合計特殊出生率の目標達成を目指す具体的取組は。
    (2)社会減を抑制するための具体的取組は。
    (3)将来人口の目標数値は、ハードルが高いと考えるが、所見は。

2 横田 保江 議員  (午前中登壇予定)

  1. 小中学生のスポーツ大会の遠征について
    (1)現在の遠征費の助成基準は。
    (2)当初の遠征予定期間が延長された場合の支援は。
    (3)宿泊費やバス代が高騰しているが、遠征費の支援を強化する考えはあるか。
  2. 生涯学習センターの高齢者への配慮について
    (1)高齢者へ配慮した設備の計画は。
    (2)明るい空間でお年寄りが集いたくなる設計になっているか。
    (3)お年寄りが談笑するような憩いの場はあるか。
    (4)年々気温が上昇しているが、空調管理の計画は。
  3. 災害時に有効な乳児用液体ミルクの配備を
    (1)避難場所に乳児用液体ミルクを計画的に配備する考えは。

3 中村 忠士 議員  (午前中登壇予定)

  1. 投票率向上にむけた施策について
    (1)各種選挙の投票率に対する選挙管理委員会の現状認識、ならびに課題に対する認識、方策などは。
    (2)高校生を含めた若者に投票を促す手立ては。
    (3)学校現場での政治教育の現状や課題に対する教育長の認識は。
    (4)過去の定例会で期日前投票所の増設を提案し、5年が経過しているが、検討経過及び方策は。
    (5)同じく身体的衰えにより投票所へ出向くことが困難な方へのサポートを提言しているが、検討経過は。
  2. 子どもの権利条約の積極的履行について
    (1)子どもの権利条約に対する教育長の見解は。
    (2)国連が過去に行ってきた日本政府に対する3回の勧告についての協議または調査、研修などは行ってきたか。その内容を具体的に。
    (3)4回目の勧告における「普及、意識啓発および研修」の項で求められている事項の実施計画は。
    (4)同じく「包括的な政策および戦略」の項で求められている事項の実施計画は。
    (5)同じく「生命、生存および発達に対する権利」の項、また、「教育」の項で求められている事項について、方策や計画はあるか。

4 宮越 正人 議員  (午後登壇予定)

  1. 北方領土隣接地域振興等事業の公布決定について
    (1)根室管内1市4町の採択実績の差異が生じている事情と経過は。
    (2)採択実績の差異に対する町長の所見を。
    (3)戦略的な方策で事業の申請、地域振興を推進する必要性があると考えるが、町の所見は。
  2. 各級選挙の投票率の向上策について
    (1)期日前投票の実績、期日前投票と投票率の関係、及び本町の投票率に対する見解は。
    (2)期日前投票所を西春別駅前、尾岱沼の各支所に開設すべきと考えるが、町の見解は。