町立別海病院|北海道・別海町

TEL.0153-75-2311

HOME > 町立別海病院|北海道・別海町 臨床研修を終えて(平成29年6月)

臨床研修を終えて(平成29年6月)

 本院では大阪医科大学付属病院からの臨床研修医を受け入れております。
 6月に研修にいらっしゃった研修医からのレポートをご紹介します。

         1か月間の研修生活を終えて     


                             大阪医科大学付属病院 河合研修医

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 ここで研修させて頂き、まず驚いたことは各ドクターがサッカーで例えると、どこのポジションでもこなせるマルチプレイヤーであることです。内科の先生は、風邪・発熱などの一般内科領域の疾患はもちろんのこと、内視鏡検査や腹部エコー検査など消化器系の手技とその疾患フォローアップを行う一方で、血液・膠原病の患者さんに対するステロイドや生物学的製剤の用量を調整や骨髄穿刺の手技、訪問診療や特別養護老人ホームへ回診を行うなど幅広く活動されていたことが印象的でした。また、外科の先生は、術前の耐術能の評価目的で心エコーを行ったり、自分で麻酔導入と挿管を行ったり、消化器領域の手術の他にも整形領域の手術も行っていたりする光景を目の当たりにし、普段大学病院では完全に疾患が分業制になっており、自分の領域ではない疾患は他科へコンサルテーションすることが当たり前であると思っていた自分にとって非常に驚きました。
 また普段大学病院では、急性期の患者さんの治療に特化しており、その主症状が改善したらすぐに退院or転院してしまいその患者さんがその後どうなったのか分からないまま、次の患者さんを相手してという漫然とした日々を過ごしていました。別海町では町内の病院はここだけという点もあり、急性期から慢性期の疾患まで幅広く入院or外来フォローされており、患者さんの生活や社会的事情を把握しながら最善策を見出す、まさに地域・生活と一体になって医療が行われている姿を見て、私の急性期治療・専門治療だけが医療のすべてだ!という偏った考え方を大きく変えてくれました。
 ここで大きく力がついたと思う手技としては、腹部エコー検査と内視鏡操作です。大学病院では何度か腹部エコーをする機会はありましたが、自分の担当患者さんが何か訴えた時のみ行う程度で、毎日外来で行う機会はありませんでした。毎日腹部エコーを行うことや先生方からのフィードバックと自分の反省点をまとめることで、今では腹部の各臓器を自分1人で描出して所見をしっかりと述べることができるまで成長しました。一方で、内視鏡検査については、今まで操作する機会が全くなかったですが、先生方から厚い指導を受け、また先生や看護師さんから『俺の体を貸してやる!』と言って体を張って私の手技獲得のバックアップをして頂くことで、今では上部内視鏡検査は一通り観察できるまで成長しました。将来的に消化器系の診療科希望の私にとって、一生忘れることができないものとなりました。
 その他、アフター5や休日も充実した時間を過ごすことができました。特に地元のフットサル・サッカーに参加させて頂き、地元の方と交流できたことがとてもうれしかったです。先生に釣りに連れて行って頂いたことも印象的で、先生と釣った大きなカレイは私の大切な大阪土産となりました。休日には、知床観光や尾岱沼エビ祭に行ったり、大好きな温泉(野湯)巡りに行ったりと写真を見返すたびにその感動がまた蘇ってくるようです。今この文章を書きながら、町立別海病院で学んだことやプライベートで充実した日々を過ごした満足感とともにもうここを離れなければならないという寂しさでいっぱいです。
 最後になりますが、西村医院長をはじめ諸先生方、薬剤師の先生方、看護師の皆様、その他病院スタッフの皆様には大変お世話になり、厚く御礼申し上げます。今後の皆様のご多幸とご健勝を祈っております。頑張れ、別海!熱いぜ、別海!

ページの先頭へ ページの先頭へ

診療受付時間のご案内

診療開始時間のご案内

本日の診療科

月初めには必ず保険証をご提出願います。

なるほど禁煙外来

インフルエンザ予防接種

ご意見箱

過去のご意見と回答

メディアたんちょう

別海病院へのアクセス

尾岱沼診療所

西春別駅前診療所

禁煙

町立別海病院
〒086-0203 北海道野付郡別海町別海西本町103番地9
TEL.0153-75-2311
FAX.0153-75-2974
(C)2008 Betsukai Town Hospital All Rights Reserved.