別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

雑がみの分別収集・リサイクルを開始します

画像(135x102)

{町民課}{ごみ・リサイクル}{町民課}{ごみ・リサイクル}
 別海町では、平成13年度から分別収集を開始し、紙類の分別については「新聞」「雑誌」「段ボール」「紙パック」の4種類で行っていますが、なお多くのリサイクル可能な紙類が「もえるごみ」の中に含まれています。
 そのため、平成20年4月から、現在分別している「雑誌」を「雑誌・雑がみ」に名称変更し、「雑がみ」の分別収集・リサイクルを開始します。

新しく増える「雑がみ」とは

 「雑がみ」とは、紙およびその製品で、新聞・雑誌・段ボール・紙パックのいずれにも入らないものをいいます。
 具体的には、不用となったパンフレット、コピー用紙、学校のプリント類、包装紙、紙箱、紙袋などの紙製品
全般が対象になります。

雑誌・雑がみの分別方法

○対象になるもの

雑誌週刊誌、月刊誌、マンガ雑誌、単行本、文庫本、事典など
雑がみ包装紙、画用紙、カレンダー、ポスター、コピー用紙
おかしの箱、ティッシュペーパーの箱、衣料品の箱
紙の手提げ袋、封筒、割り箸の袋など

×対象にならないもの

 次のような紙類は、リサイクルができないため対象になりません。

紙おむつ 粘着物のついた封筒 防水加工された紙(紙コップなど)
カーボン紙(宅配便の伝票など) 圧着はがき 感熱紙(レシートなど)
写真・写真プリント用紙 プラスチックやアルミを貼りあわせた複合素材の紙 金色や銀色の紙
臭いのついた紙(洗剤の箱) 合成紙 使い終わったティッシュペーパーなどの汚れた紙

次のようなものがついているときは、取り除いてください。

金属類(クリップ) 粘着テープ プラスチック類
ビニール類 発砲スチロール ガラス類

雑誌・雑がみの出し方

 「雑誌」と「雑がみ」は、リサイクルの工程が同じため、一緒に混ぜて出すことができます。
 次の2種類の方法により出すことができますので、生活に合った、出しやすい方法で出してください。

大きさをそろえ、重ねてひもで十字にしばる

画像(180x63)
  1. 雑誌、雑がみを大きさをそろえて重ねます。
  2. ばらばらにならないようひもで十字にしばります。

紙袋に入れてくちをふさいでひもで十字にしばる

画像(180x59)
  1. 紙袋に対象の紙を入れます
  2. 中身が出ないよう口を折った後、ひもで十字にしばります

雑誌・雑がみの収集日

 「雑誌・雑がみ」の収集日は、現在の「雑誌」の収集日と同じ日になります。
 他の紙資源と同じく、なるべく晴れた日に出してください。

広報掲載記事はこちらから(PDFファイルです。)

PDFファイル(1104KB)

(1104KB)

 1ページ目 
 ※ファイルサイズが大きいので注意してください。

PDFファイル(1108KB)

(1108KB)

 2ページ目
 ※ファイルサイズが大きいので注意してください。



【問い合わせ先】
〒086-0205
野付郡別海町別海常盤町280番地
別海町役場 福祉部町民課 町民生活担当
電話:0153-75-2111 内線 1212
メールアドレス:tyoumin@betsukai.jp


投稿:町民課


掲載日時:2008/03/19/(水)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ