別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

町指定文化財「奥行臼駅」

画像(180x119)

{生涯学習課}{文化・歴史・図書}

別海町南部に位置する奥行臼(現、奥行)地区は古くから別海市街、別海海岸部、根室市とを結ぶ交通の要所にあたり、奥行地区は奥行臼駅以外に奥行臼駅逓所、別海村営軌道など現在も多くの交通産業史跡が残る地区です。

その中でも根室原野の開拓と産業の振興を図るため敷設された標津線:厚床−中標津間は昭和8年12月1日に厚床〜西別(別海)間が開通と同時に奥行臼駅は運営が開始されました。
奥行臼駅は村営軌道の乗換駅等として、周辺地域の物資の輸送のみならず、文化・生活の発展に重要な役割を果たしてきました。

しかしながら、自動車の普及等によって、その役割は次第に小さくなり、国鉄からJRへの移行後、平成元年4月29日標津線は廃止となり、奥行臼駅も56年間の歴史に幕を閉じました。

別海町では廃止となった鉄道を本町近代化に欠かせない役割を担ってきたとし、その足跡を残す歴史的建造物として、昭和初期の建築様式を留める奥行臼駅、関連施設である島式ホーム、詰所、石炭小屋等周辺施設を含め文化財に指定。

また、撤去されていたレールを新たに敷設するなど、路線廃止以前に近い形で復元し、鉄道機能の理解に配慮した形で公開しています。

酪農地帯の丘陵の中、奥行臼駅の遠くまで延びるレールは訪れる人々に北海道の駅の原風景を思い出させます。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

Google Maps



旧奥行臼駅逓所主屋保存修理工事に伴い管理人が不在となることから、平成30年度まで奥行臼駅駅舎内部の一般公開を中止しております。駅逓所の修理工事についてはこちらをご覧下さい。


投稿:生涯学習課


掲載日時:2007/04/03/(火)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ