別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

第3セクターについて【1/15投稿 1/25回答】

{総務課}

1/15投稿

@よく郊樂苑の補助金の事が問題提起されます(5000万〜6000万)
 なにか、具体策があるんでしょうか?経費節減にも限界があるとおもいます。
 顧客サービスの低下にも繋がると思います。
 たとえば、このまま何もしなければ毎年5000万円の補助金がかかるでしょう。
 なので、1億円くらい増資して、浴室とトイレが部屋にある宿泊棟を増築するなど、宿泊に力をいれた方向で考え直したらどうでしょう。

A乳業公社について
 黒字になったと言っていますが、工場は、別海町が建てたのだから作ったものを売って利益が出るのは当たり前だと思う。
 黒字が出てきたなら別海町に建物の償還分を返せばいいのでわ。

Bいち町民から見ると会社が分かれている事など、どうでもいいせっかくある観光資源なんだから、別海振興、乳業公社、観光公社を合併させ観光にも力を入れていけば良いのでわ。
 生産額500億円のほとんどが、町外へ流出してしまうなら、町外の資本を別海町に向ける方法を考えていけばいいと思う。



1/18一部回答 

 この度、貴重なご意見を頂きありがとうございます。
 Aのご意見について、次のとおり回答します。

 乳業興社についてご意見をいただきましたが、乳業興社の黒字については、単年度収支が黒字になっているとの意味であり、黒字分については従前からの累積損失へ充当されるものです。
 累積損失については、まだ若干の時間を要しますが、解消に向け鋭意努力中でありますので町民の皆さんの御理解と御支援をよろしくお願いします。

(農政課 75-2111内線1410)


1/25回答 

 @、Bのご意見について回答します。

@について

 郊楽苑の管理運営についてご意見をいただきましたが、郊楽苑は平成3年に町民の保養、休養、研修、福祉等の増進や友好都市との交流拠点として町が建設したものです。
 当初より経営の効率化とより質の高いサービスの提供を図る観点から第3セクターである「株式会社べつかい振興公社」ノ委託し営業してきたところです。
 しかし、営業としては収支が合わず、平成15年度で未処理分損失(累積赤字)が約2,930万円になったことから平成17年2月に経営改善5ヶ年計画を策定し、現在赤字解消に全力を傾注しているところです。
 なお、ご提案のあった宿泊棟の増築については今後の検討案の一つと考えております。
 利用者の減少が毎年続いており、売上げが伸びない中での経費節減はご指摘のとおり限界があり、加えて近年は経済情勢、町の財政状況も厳しい状況であり税抜き5,500万円の委託料の負担も重荷となってきております。
 このことから町では、指定管理者の指定期間が更新となる平成20年度末までに専門家や関係者の意見を聞きながら今後の運営等のあり方に一定の結論を出してまいりたいと思っておりますのでご理解をお願い致します。

Bについて

 各第3セクターは、それぞれ目的を持って設立された会社組織ですから、観光部分のみで合併するということはなかなか難しいものと考えます。
 しかし、各会社には観光に関する部門、要素がそれぞれありますので、これからその部分をいかした観光振興の取組を進めていくため、より連携を図る必要があると考えています。

(商工観光課 75-2111内線1620)


投稿:総務課


掲載日時:2008/01/25/(金)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ