別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

広聴制度を考える

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

{総合政策課}{町民参加}{町の政策}


あなたの声がまちをつくる

〜広聴制度を考える〜




 「広聴」とは、町民の皆さんの声を広くお聴きすることです。  別海町は、平成十五年度から行財政改革の重点取組項目として「広聴」の推進を計画に位置付けてきました。また、新町長のローカルマニフェスト(町民との約束)の一つに「インターネットや広報誌を活用し町民の意見の反映を高めます」という政策を掲げています。  別海町は「広聴」を町民参加による町政実現の重要な手段として、今後、様々な方法で町民の皆さんのご意見、ご提言、ご要望をお聴きし町の方針や事業に反映させていきます。

いま注目される
広聴制度


 戦後から高度経済成長期にかけて、わが国では道路や施設建設が続いてきました。
 別海町でも道路や上下水道等のインフラ整備が進められ、町民の生活基盤も充実してきましたが、一方で、環境問題、少子高齢化、教育等の課題が深刻化しています。
 近年は、住民と行政が協働してまちづくりを行う時代になりました。
 多様化するテーマに対して限られた財源をどのように使うべきか、住民が何を望んでいるのか等、行政はまずニーズ(需要)を把握することが必要となります。
 多くの住民のアイデアやご意見を聴くための広聴制度の充実は、まちづくりを進める上で重要な要素となっています。


広聴だけでなく
広報も大切

 別海町が広聴制度を充実させ、広く町民の皆さんからご意見等を聴くためには、情報を得るための資料となる「広報」がとても重要な働きを担います。
 別海町は、昨年7月に、本年度の町の事業を説明するための小冊子「今年のしごと」を自治会の回覧により町民の皆さんに情報公開致しました。
 町民の皆さんに事業の内容を理解して頂き、積極的にご意見を出して頂くためにも、今後は「広聴と広報」を両輪の制度として充実させていきます。


より身近な行政に
これからの広聴制度

 別海町は、広聴・広報制度の充実により透明で信頼される行政を実現し、町民の皆さんにとって親しみやすい身近な行政を目指します。
 そのために、次のような取り組みを検討します。
■定期的に「広報べつかい」にご意見投稿用紙を折り込みます。
■「広報べつかい」に折り込まれるチラシについては、削減や広報誌への統合を検討します。
■町民参加の重要性を位置付ける「自治基本条例」を制定します。
■町の計画や政策を決定する過程に町民の意見を求める※「パブリックコメント制度」を検討します。

パブリックコメント制度…行政が事業等を行う前に内容を公表し、住民の意見を広く求める制度


◆広聴制度に関するお問い合わせ、この記事のお問合せは下記まで
 〒086-0205
 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地
 別海町役場 総務部総合政策課 まちづくり推進担当
 電話 0153-75-2111 内線 2215、2216
 E-mail soumu ※左の後に"@betsukai.jp"をつけてください。


投稿:総合政策課


掲載日時:2008/01/17/(木)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ