別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

キョウドウとは?

{総合政策課}{町民参加}

キョウドウとは
 最近、「キョウドウ」という言葉がよく使われますが、一体どういう意味なのでしょうか?一口に言っても、共同や協同・協働というように様々な表現がされますが、各自治体では、「協働」と表すことが多く、「市民と行政の協働」「協働型社会」等々、まちづくりにおいてのキョウドウは「協働」と表現されております。
 「協働」というのは社会学から生まれた言葉で、そこでは「共同に向かう多人数の行動」としており、共通の目的をもった主体同士が、お互いに補い、助け合いながら、より豊かな地域社会の創造を目的としております。

協働の形
 協働の形としては
@共催(合同企画・企画参加の協働)
A後援(金銭的支出を伴わない協働)
B事業協力・協定(一定のルールのもと協定書を交わして行う協働)
C政策提案(行政施策に対して独自の提案をする協働)
D実行委員会・協議会(協働によって組織を形成する形)
E情報提供・情報交換(ニーズ把握や事業評価など)
F委託(責任所在を明確にした分野での協働)
G補助・助成(財政的協働)
等々、様々な形で協働が行われております。

画像(320x212)

情報提供という形の協働である「今年のしごと」


投稿:総合政策課


掲載日時:2007/09/07/(金)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ