別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

外国人登録制度が変わりました

{町民課}{手続き}

2012年7月9日から外国人住民の方も住民基本台帳制度の適用対象となりました。(外国人登録法は廃止されました。)

このことに伴い外国人住民の方も住民票が作成され、転入・転出・転居・出国の際には役場への届出が必要となります。

◆出国については、今までは役場への届出は特に必要ではありませんでしたが、住民基本台帳制度の適用対象後の現在は、原則海外への出国の際でも届出が必要となっています。

住所変更(転入・転居・転出・出国)

【転入】

◆国内からの転入
他の市区町村から別海町へ転入される方は、まず転出する市区町村で転出届を行い、転出証明書の交付を受けます。
その上で転入日から14日以内に転出証明書と、転入される方全員分の在留カード・特別永住者証明書(又は外国人登録証)をお持ちになり、別海町役場本庁で手続きを行ってください。(支所・連絡事務所では手続きは行えません。)

◆国外からの転入
転入日から14日以内に、空港で交付された在留カード(後日交付の方は必要ありません)と旅券をお持ちになり、別海町役場本庁で手続きを行ってください。(支所・連絡事務所では手続きは行えません。)

【転居】

別海町内で住所を変更した方は、変更後14日以内に転居される方全員分の在留カード・特別永住者証明書(又は外国人と登録証)をお持ちになり、別海町役場本庁で手続きを行ってください。(支所・連絡事務所では手続きは行えません。)

【転出・出国】

◆国内への転出
別海町から他の市区町村へ転出される方は、転出予定日の前後14日以内に、別海町役場本庁又は各支所で転出証明書を発行しますので、転出される方の在留カード・特別永住者証明書(又は外国人登録証)をお持ちになり、手続きを行ってください。(連絡事務所では手続きは行えません。)

◆国外への転出(出国)
別海町から国外へ転出される方は、転出する前に(転出予定日の14日前から)別海町役場本庁又は各支所で転出される方の在留カード・特別永住者証明書(又は外国人登録証)をお持ちになり、手続きを行ってください。(連絡事務所では手続きは行えません。)


【代理人申請】

◆転入・転居・転出・出国を代理で届出をする場合

代理人が届出する際は、本人が窓口へ来て手続きする際に必要な書類の他に、下記のような書類等が必要となります。

・外国人と同一世帯の方の場合
 代理人の本人確認書類(運転免許証等)が必要となります。

・外国人と同一世帯以外の方の場合
 委任状、雇用契約書写し、代理人の本人確認書類(運転免許証等)
 が必要となります。

 詳しくはお問い合わせください。

◆住所変更(転入・転居・転出・出国)に関する手続き等の一覧表はこちらになります。

PDFファイル(53KB)

(53KB)


世帯主変更

世帯主・続柄に変更があったときは、別海町役場本庁・各支所で手続きを行う必要があります。 (連絡事務所では手続きは行えません。)
変更後14日以内の届出となっています。

◆外国人本人が届出をする場合
在留カード・特別永住者証明書(又は外国人登録証)が必要になりますのでお持ちになってください。

◆日本人の方が代理で届出をする場合
・外国人と同一世帯の方の場合
 代理人の本人確認書類(運転免許証等)が必要となります。

・外国人と同一世帯以外の方の場合
 委任状、雇用契約書写し、代理人の本人確認書類(運転免許証等)
 が必要となります。

 代理人の必要書類等について、詳しくはお問い合わせください。


転入・転居・世帯変更等の届出の際、外国人住民の方を世帯主とする世帯に、外国人住民の方が新たに属することとなる場合には、原則として世帯主の方とご本人との続柄を証明できる文書(例えば、韓国大使館で発行する家族関係証明書。日本で出生届を提出された方は出生届受理証明書。日本で婚姻届を提出された方は婚姻届受理証明書等)が必要となりますのでご注意ください。
尚、その文書が日本語以外で記載されている場合には、翻訳者氏名記載の日本語の訳文も必要となります。

外国人登録証明書が「在留カード」または「特別永住者証明書」に変わります

PDFファイル(57KB)

(57KB)


外国人登録証明書に代わり、中長期在留者の方には「在留カード」が交付されます。また、特別永住者の方には「特別永住者証明書」が交付されます。
「在留カード」は空海港または地方入国管理局の窓口で交付されます。
「特別永住者証明書」は役場お客さまカウンター(戸籍年金担当)の窓口で交付されます。

現在、お持ちの外国人登録証明書は、一定期間、在留カードまたは特別永住者証明書とみなされますので、すぐに切り替える必要はありませんが、下記のとおり順次切り替えが必要となります。

住民票を作成する対象者

住民票を作成する対象者は、入管法上の在留資格をもって、適法に中長期間在留する外国人で、日本に住所を有する方です。

◆中長期在留者(在留カード交付対象者)
 主に在留資格が「日本人の配偶者等」や「定住者」、「技能実習1号ロ」や
 「技能実習2号ロ」、「技能」、「永住者」の方が対象です。
 観光や親族訪問が目的である「短期」、「滞在」や、「外交」、「公用」の
 在留資格の方、3ヶ月以下の在留期間が許可された方は対象ではありません。

◆特別永住者(特別永住者証明書交付対象者)

◆一時庇護許可者または仮滞在許可者

◆出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者
 日本で生まれたり、日本国籍を失ったことにより日本に留することとなった
 外国人の方。当該事由が生じた日から60日を経過した方は、対象ではありま
 せん。

さらに詳しい内容については、下記をご確認ください。
 
  総務省ホームページ
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html

  総務省ホームページ(英語版)
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu_english.html

住所の世帯構成や住所の証明書(住民票等)

住所や世帯構成等、住民票の内容を証明する書類が必要なときは「住民票」または「住民票記載事項証明書」を請求してください。

「外国人登録原票記載事項証明書」「原票の写し」の交付はできません。
廃止された外国人登録原票の情報が必要な場合は、法務省にお問い合わせください。

 請求・お問い合わせ先
 法務省大臣官房秘書課 個人情報保護係
 電話 03-3580-4111
 住所 東京都千代田区霞が関1-1-1

氏名・国籍等の変更、在留資格・在留期間に関する届出

中長期間在留の方  
 ◆氏名・生年月日・国籍の変更
 ◆在留資格・在留期間の変更・更新  
 ◆勤務先の名称・所在地の変更
 ◆在留カードの再発行
 
 → 役場への届出は必要ありません。
   釧路港出張所等での手続きとなります。
   (釧路港出張所 0154-22-2430)

特別永住者の方
 ◆氏名・生年月日・国籍の変更
 ◆特別永住者証明書の再発行
 ◆有効期間の更新申請

 → これまでどおり役場の手続きとなります。
   
その他の手続き等についてはこちらをご確認ください。

PDFファイル(108KB)

(108KB)

中長期在留者用パンフレット

PDFファイル(51KB)

(51KB)

中長期在留者用パンフレット(英語)

PDFファイル(157KB)

(157KB)

特別永住者用パンフレット

在留資格や在留カードに関すること
法務省ホームページ(各国26言語対応)
 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html

特別永住者の制度に関すること
法務省ホームページ
 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_2/index.html


投稿:町民課


掲載日時:2007/12/19/(水)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ