別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

北海道指定天然記念物「西別湿原ヤチカンバ群落地」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 ヤチカンバはカバノキ属ヒメカンバ節に属する低木性のカンバであり、日本においては稀少で特異な北方系湿生低地ツンドラ低木であり、別海町と更別村の二箇所にのみ隔離分布する北海道特産種である。氷河期の遺存種と考えられ、植物分類地理学上、植物進化学上極めて貴重な植物です。高さは1〜2メートル、幹は灰褐色で光沢があり、若い枝には白い粒状の腺点があります。葉は長さ1.5〜4.5、幅1〜2.8センチ、楕円形〜広楕円形で、基部は広いくさび形をしています。
 ヤチカンバが自生する西別湿原は、別海町内陸部において現在まで残っている数少ない湿原のひとつで、トキソウ、チシマウスバスミレ、ヒメツルコケモモ、チシマガリヤス、アカンカサスゲなどの稀少種が見られ、道東を代表する貴重な低地湿原です。
 平成23年3月15日に北海道指定文化財(天然記念物)に指定されました。




注 意
北海道指定天然記念物指定地のため、下記土地に許可無く立ち入り現状を変更したり、天然記念物の保存に影響を及ぼす行為をした者は、北海道文化財保護条例第37条により罰せられます

1.指定地 別海町別海71番地3・6・25・26
Google Maps

投稿:生涯学習課


掲載日時:2011/03/28/(月)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ