別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

酪農臭気対策について

{総務課}
【H29.11.14】酪農臭気対策について


 私の住んでいる地区では、時々酪農による臭気のため、暑くても窓を開けられなかったり、洗濯物を外に干せないことがあります。
 昔の比べるとかなり臭いは減っていますが、観光にも力を入れている当町ですので、他から来られた方が不快と感じないように、より一層の臭気軽減策をお願いしたいです。
 例えば、臭気計などがあるのでしたら、苦情の多い地区に設置し、データを集めるのも一つだと思います。
  

【H29.11.20】農政課回答


 日頃から、町行政に御理解と御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 現在の厳しい酪農環境の中でコスト軽減を図るためには、良質な自給飼料を確保することが必要であり、本町の基幹産業である草地型酪農にとって草地の肥培管理は必要不可欠なものであります。
 そのため、酪農家は、家畜から排出されるふん尿を資源として有効利用するため、国営環境保全型かんがい排水事業による施設整備を行い、良質な有機質肥料を作り、臭気を軽減することで、地域環境に及ぼす影響を軽減しています。
 また、嫌気性発酵システムによって家畜ふん尿を分解処理し、臭気の少ない消化液を堆肥として散布するためのバイオガスプラントも導入されています。
 家畜ふん尿の散布作業については、市街地近郊ではスラリーよりも臭気の少ない堆肥の散布や低床散布等により臭気の飛散範囲を抑える臭気対策に取り組んでいます。
 今後も低床散布や土中施用による散布を推奨するなど、行政、JA、酪農家が一体となり、さらなる臭気軽減に向けた取り組みを続けていきますので御理解願います。
 


投稿:総務課


掲載日時:2017/11/24/(金)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ