別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

加賀家文書館ご案内

画像(320x211)

{郷土資料館}{文化・歴史・図書}{町の政策}
 加賀家文書館は、平成10年(1998に加賀家7代目にあたる加賀實留男氏から、江戸時代の末期に当町の野付半島などで活躍した加賀家の一族が残した古文書資料約千点が寄託され、その保存と教育的活用をはかるスめに建設されたものです。
 加皷ニ文書をVつのテーマにまとめ、映像コーナー・加賀家文書ライブラリー・収蔵展示室などをもうけてています。

加賀家文書と別海町とのかかわり

 昭和のはじめからその存在が知られていた加賀家文書の研究の経緯や加賀家と別海町とのかかわりについてご紹介します。

画像(180x121)

 雄大な野付半島の風景加賀家の故郷秋田県八森町、なぜ、加賀家は、蝦夷地を目指したのか、コンピューターグラフィックなどを駆使した映像となっています。

加賀家文書館歴史年表

画像(180x121)

 日本史・北海道史・別海町史を先史時代から現代まで歴史の流れが一目でわかる年表です。特に加賀家が活躍した蝦夷地の頃を中心にご紹介します。

加賀家の成り立ちと職務の数々

画像(180x122)

 根室地方の江戸時代の様子、そして蝦夷地に渡った加賀家の由来と、その職務についてご紹介します。

画像(180x130)

 加賀家文書が保存されている収蔵室です。収蔵室の様子と展示室以外の資料をご覧になることができます。

伝蔵の一生と業績

画像(180x131)

 加賀家文書の殆んどを残した3代目伝蔵の一生と業績、そして伝蔵とゆかりの深かった人々イ紹介します。

野付通行屋と漁番屋

画像(180x119)

 伝蔵が活躍した野付通行屋とその周辺の漁番屋を加賀家文書などを参考に模型で再現しています。

文書以外に残された品々

画像(180x122)

 加賀家が蝦夷地で活躍した頃に使用していた品々やアイヌ文化資料を展示しています。

野付半島 今も残る史跡の数々

画像(180x123)

 たくさんの観光客で賑わう野付半島、そこには古くから人々の暮らしがありました。野付半島に残る史跡の数々をご紹介します。

加賀家文書ライブラリー

画像(180x124)

 館内の展示内容をさらに詳しく、ご紹介するコンピューターシステムです。また、加賀家文書を原文・活字文・現代語訳文でご覧になることができます。


投稿:郷土資料館


掲載日時:2007/09/04/(火)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ