別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

平成29年4月1日からの「ごみと資源の出し方」

{町民課}{ごみ・リサイクル}

 平成29年4月1日から、ごみ・資源の分別が17分別から18分別に変更となりました。

 →平成29年4月1日からのごみ・資源の分別方法はこちらをご覧ください。

 18分別するごみや資源は、それぞれ出し方が違います。
 下記のとおり、指定のごみ袋に入れるか、透明または半透明の袋に入れるか、ひもでしばって出してください。
 ごみを出す場所は、ゴミステーションかごみ処理場のいずれかとなります。
 中身が見えない状態や、分別が間違えているごみ・資源は、ゴミステーションから回収しないことがあります。ごみ処理場においても、その場で分別をお願いする場合があります。ご理解のほどよろしくお願いします。

 専用ごみ袋、収入証紙は、取扱店(収入証紙売りさばき所)でお買い求めください。

 不明な点は、別海町役場町民生活担当までご連絡ください。(TEL 0153-75-2111内線1211〜1213)

1 キッチンの油と貝殻と調理くず NEW!

 廃食用油と貝殻と調理くずは、別々に分けて出していただきます。
 廃食用油は、500mlの使用済みのペットボトルに注いでマジックで「油」と書いて出してください。
 貝殻は、レジ袋などの透明か半透明な袋に入れて「貝」とマジックで書いて出して下さい。
 調理くずは、レジ袋などに入れて出して下さい。(生ごみ全般ではありません)

・油は、冷めてからペットボトルに注いでください。
・貝殻は、貝肉が詰まっているものは、「13もえるごみ」で出してください。
・調理くずは、調理時にカットする野菜の捨てる部分、果物の皮、種、卵の殻のみ対象です。つまようじ、割り箸、アルミホイルなどは混ぜないでください。茹でたり、焼いてしまった野菜は対象となりません。
・生ごみは、コンポストなど自己処理のご協力をお願いします。

2 紙製容器包装・雑がみ

 重ねてひもで十字にしばってください。
 立体のものは折りたたんでください。
 細かい紙は、紙袋に入れてからひもで十字に縛る等、工夫してください。

・晴れた収集日にゴミステーションに出してください。
・結束するひも以外は、紙以外のものが混ざらないようにしてください。(ホッチキスの針は混ざってもかまいません)

3 家庭の枝・木くず

 次のとおり種類ごとに分けて出してください。
 枝は、長さ50cm以内に切りそろえて、直径30cm程度のサイズにまとめてしばり上げてください。
 丸太も、長さ50cm以内に切りそろえて、直径30cm程度のサイズにまとめてしばり上げてください。
 木くずも、長さ50cm以内に切りそろえて、直径30cm程度のサイズにまとめてしばり上げてください。
 剪定した細かい枝、雑草、落ち葉類は、透明なビニール袋やレジ袋などに入れて出してください。ビニールが破れる心配がある場合、麻袋や肥料袋に入れて封をしないで、さらにその上から透明なビニール袋に入れて封をしてください。(中身が確認できるように)
 割り箸は、レジ袋などに入れて出してください。(つまようじ、竹串、竹の箸などは、「14もえないごみ」です。)
 草花で作ったリースは、レジ袋などに入れて出してください。(針金やプラスチックなど植物以外のものが使用されている場合は、「14もえないごみ」です。)

・乾燥させてから晴れた日にゴミステーションに出してください。
・家庭から出たものが対象です。事業者が排出する枝や木くずなどは、収集の対象外です。

4 危険ごみ

 レジ袋などの透明か半透明な袋に入れて「きけん」とマジックで書いて出してください。
 蛍光管、電球、水銀体温計などのガラス製品のものは、紙の容器や包装をして割れないようにし、上記のとおり袋に入れて「きけん」とマジックで書いて出してください。新たに購入した商品の場合、不要となった紙製の容器を利用して構いません。

・スプレー缶などは、屋外で中身を出し切って、穴を開けて出してください。

5 テレビ以外の小型家電

 レジ袋などの透明か半透明な袋に入れて「こがた」とマジックで書いて出して下さい。

・電池、バッテリーは、取り外して「4危険ごみ」にしてください。
・30cm×30cm×40cmを超えるサイズの家電は、「14もえないごみ」です。
・テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機、エアコンは、家電リサイクル法の対象のため、ゴミステーションに出すことはできません。
・CDやビデオテープは、「14もえないごみ」です。
・個人情報が含まれているものは、あらかじめ内容を消去してください。

6 新聞

 ひもで十字にしばってください。

・晴れた収集日にゴミステーションに出してください。

7 雑誌

 ひもで十字にしばってください。

・晴れた収集日にゴミステーションに出してください。

8 ダンボール

 ひもで十字にしばってください。

・晴れた収集日にゴミステーションに出してください。
・金具、ビニール製のガムテープ、宅急便の伝票、ダンボール以外の紙は、取り除いてください。(紙製のガムテープは取り除かなくてかまいません)

9 紙パック

 水でゆすいで、切り開いて乾燥させてからまとめて、ひもで十字にしばってください。

・晴れた収集日にゴミステーションに出してください。
・内側が銀色の紙でコーティングされている紙パックは、「A紙製容器包装・雑がみ」として分別してください。

10 きれいな古繊維

 レジ袋などの透明か半透明な袋に入れて「せんい」とマジックで書いて出して下さい。

・晴れた収集日にゴミステーションに出してください。
・リサイクルできない古繊維がありますので、こちらをご確認ください。

11 使えるくつ・かばん

 レジ袋などの透明か半透明な袋に入れて「くつ」または「かばん」とマジックで書いて出して下さい。

・晴れた収集日にゴミステーションに出してください。
・リサイクルできないくつ・かばんがありますので、こちらをご確認ください。

12 プラスチック製の容器包装

 オレンジ色の専用ごみ袋に入れて出して下さい。
 レジ袋など袋状の容器に、他の容器包装や異物を入れないでください。中を確認することが困難なためです。(ライターが混入していることがありました。)

・対象となる資源はつぶしたり、切ってつぶして詰め込んで結構です。
・食べ物や飲み物のプラスチック容器は、水でさっとゆすいでください。
・チューブの容器は、水の中でふくらませて、水を入れ、キャップをしてしばらく置き、キャップをしたまま振って水を出すときれいになります。
・食用油の容器は、使い終わったら、逆さにして倒れないようにして2〜3日立てて置きましょう。その後、油炒めなどするときに、逆さのままフライパンの上でキャップを外すと、1回分使えるだけの油が溜まっています。
・マヨネーズの容器は、口の方に溜まったマヨネーズを使いきるために、塩、コショウ、酢を少々入れて、キャップをしてよく振りましょう。口のところに付いているマヨネーズがきれいに溶けていれば、「ドレッシング」が出来上がりです。
・納豆の容器は、納豆を食器に移したら、食事が済むまで水に浸けておくと食器を洗うときには、さっとゆすぐだけできれいになります。
・容器をきれいにする時は、すべて食器の洗浄に使った残り水を活用し、食べ残しの拭きとりには、キッチンペーパーなどを使わず、古布を使うなど工夫をお願いします。

13 もえるごみ

 赤い専用ごみ袋にごみを入れて出して下さい。
 生ごみは水をよく切ってください。
 分別区分が増えたことにより、「もえるごみ」の対象となるごみの種類は限られています。分別の徹底をお願いします。

・生ごみについては、一度レジ袋に入れてから赤い袋に入れてかまいません。
・赤い袋に入りきらないものは粗大ごみで出して下さい。
・赤い袋の中身が全くみえないごみは、収集しません。

14 もえないごみ

 青い専用ごみ袋にごみを入れて出して下さい。

・割れたコップや刃物などは紙で包んでから袋に入れてください。
・青い専用ごみ袋に入りきらないものは「15粗大ごみ」で出して下さい。
・ホースやひも、ケーブル類の長いものは50cm以内に切ってください。
・ブルーシートやじゅうたんなどの平物は50cm四方に切っていただければ、「もえないごみ」として出すことができます。
・バレーボールなどの空気の入ったゴム類、ビニール類は、穴を開けて空気を抜いてください。

15 粗大ごみ

 120円のごみ専用収入証紙を貼り付けて出して下さい。

・シール製になってます。粗大ごみ1個につき1枚貼り付けて出して下さい。
・粗大ごみ1個の定義は次のとおりです。
 じゅうたんやふとんや板のようなものは、数枚まとめてひもでしばれるものは、ひもでまとめたものは「1個」として扱います。
 スキー板や物干しざおのようなものは、数本まとめてひもでしばれるものは、ひもでまとめたものは「1個」として扱います。
 応接セットの椅子と机はそれぞれ使うので、まとめて「1個」にはなりません。
・まとめる場合は大人1人が持ち上げられる程度の重さにしてください。
・冷凍ストッカーのようなトラックに持ち上げられないものは、許可業者に収集を依頼するか、ごみ処理場に直接持ち込んでください。許可業者に収集を依頼する場合、ごみ処分手数料の他に収集運搬料金をご負担いただくこととなります。ごみ処理場に直接持ち込んだ場合は、ごみ処分手数料を受付時にご負担いただきます。

16 かん

 緑色の専用ごみ袋に入れて下さい。

・かんはつぶさないでください。
・たばこの吸い殻を入れないでください。
・中身はからっぽにしてください。
・缶詰はきれいに水洗いしてください。

17 びん

 黄色の専用ごみ袋に入れて出して下さい。

・割れたびんは紙で包んでもえないごみで出して下さい。
・キャップやふたは必ずはずしてください。紙のふたは「2紙製容器包装・雑がみ」に、アルミ、鉄などの硬いふたは「16かん」に分別してください。びんの口にはまっていて取り外しが難しいプラスチックのキャップはびんから外さなくて構いません。

18 ペットボトル

 白い専用ごみ袋に入れて出して下さい。

・つぶさないでください。
・キャップは必ずはずしてください。
・はずしたキャップは、「12プラスチック製の容器包装」です。
・ラベルは、はがさなくても収集しますが、ラベルがはずれているとリサイクル工場で資源化の助けとなります。はがしにくいラベルは無理してはがす必要はありません。はがしたラベルは、「12プラスチック製の容器包装」です。


投稿:町民課


掲載日時:2017/05/29/(月)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ