別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

平成29年4月1日からの「ごみと資源の分別ルール」

{町民課}{ごみ・リサイクル}

 平成29年4月1日から別海町のごみと資源の分別収集が17分別から18分別に変更となりました。

 もえるごみの減量化に向けて、台所から出るもえるごみのリサイクルにチャレンジします。

 新たに追加された分別区分は、「キッチンの油と貝殻と調理くず」です。家庭から出る廃食用油、貝殻のくず、野菜の切れ端などの調理くずが対象となります。

 現在、「別海町第6次総合計画」では、計画期間の最終年度である平成30年度までに「リサイクル率」30%達成を目標に掲げています。

 リサイクル率30%を達成するため、町民の皆様のご協力をお願いします。


 →平成29年4月1日からのごみの出し方は、こちらを参考にしてください。

 本ページについてご不明な点は、別海町役場町民生活担当(TEL 0153-75-2111 内線1211〜1213)までお気軽にお問い合わせください。

1 キッチンの油と貝殻と調理くず NEW!


 平成29年4月1日から、廃食用油と貝殻を無料収集しリサイクルします。
 また、将来的な生ごみのリサイクルに向けて、調理くずを試行的に無料で収集しリサイクルのテストを行います。
 「廃食用油」と「貝殻」と「調理くず」は、それぞれ分けて出していただくこととなります。また、「調理くず」は「生ごみ」全般ではなく、無料で収集する対象は限られていますので、ご注意ください。

・廃食用油 家庭の廃食用油、賞味期限が到達した食用油
・貝殻 家庭の料理やバーベキュー、イベントで不要となったホタテ、ホッキ、アサリ、カキなどの貝殻(身が入っているものは対象外)
・調理くず 調理時に不要となる野菜の切れ端、果物の皮や種、卵の殻に限定(ゆでたり、焼いた野菜の残り物、調理後の残飯、肉や魚、割り箸などは対象外)

2 紙製容器包装・雑がみ


 もえるごみに最も混入しているリサイクル可能な資源が「紙類」です。
 別海市街の第二旭町内会では、自主的に「雑がみ」の分別に取組んでいただきました。
 この取組を参考に、一層、紙資源のリサイクルを推進するため、平成28年5月1日から分別区分を変更しています。
 それまでは、「雑がみ」と「雑誌」を併せて収集していましたが、「雑誌」は「雑誌」のみ束ねて出していただき、「雑がみ」は「紙製容器包装」と一緒に出していただくこととしました。
 上手にたたんだり、細かい紙類は「紙の封筒」に入れる等工夫した上で、ひもでしばってごみステーションに出してください。


 さて、「紙製容器包装」は、「容器包装リサイクル法」に基づき、そのリサイクル費用の一部を商品の製造メーカーが負担しています。そのため、細かく分別区分が決められており、リサイクル可能な「紙製容器包装」には、専用の「紙」マークが表示されています。このマークを参考に分別をお願いします。

画像(180x178)・拡大画像(200x198)

 「紙製容器包装」と「雑がみ」の例は、下の表をご確認ください。

・紙製容器包装や雑がみの例 上記の「紙マーク」が表示されているもの、封筒、紙袋、包装紙、空き箱、ヨーグルトやカップめん等の紙カップ及びフタ、菓子用の紙台紙、CD等の紙ケース、紙コップ、紙皿、コピー用紙、パンフレット、フリーペーパー、トイレットペーパーや食品用ラップの芯、紙テープ、マスキングテープ、はがき、手紙、付箋紙、折り紙、画用紙、ポスター、カレンダー(金属部分は「14もえないごみ」)、ティッシュの箱(ビニール部分は「12プラスチック製容器包装」)など

〔排出時の注意〕
※クリップ等の金属類は取り除いてください(パンフレットのホッチキス程度は取り除かなくて構いません)
※ティッシュペーパーの取出口のフィルムをはがす等、プラスチック類と紙類は分けてください
※晴れた収集日にごみステーションに出してください



 また、次の「AからGの分類に属さない紙」は、原則「紙製容器包装・雑がみ」に区分されますので、参考にしてください。

A リサイクルできない紙類
 写真、感熱紙、宅配便の伝票などは「13もえるごみ」

B 汚れている紙類
 鼻の角栓をとる紙、使い終わったティッシュペーパー、油とり紙、保湿パック、生理用品、紙おむつ、ペットのトイレ用シートなどは「13もえるごみ」

C 中身と分離することが容易でない紙
 紅茶等のティーバッグ、保冷剤を直接入れた個袋、おでこや脚に貼る冷却シートなどは「13もえるごみ」
 乾燥剤は「14もえないごみ」

D 新聞
E 雑誌
F ダンボール
G 紙パック

 紙資源のリサイクルについて、一層のご協力をお願いします。

3 家庭の枝・木くず  赤字の資源追加!


 平成28年5月1日から、家庭の庭の手入れにより不要となる枝や木くずなどをごみステーションからの無料収集に変更しています。
 また、平成29年4月1日から、雑草、落ち葉、木製の割りばしなども対象となりました。
 燃料や敷料などにリサイクルします。
 種類ごとに分ける必要がありますのでごみの出し方を確認願います。
 なお、工場や会社など、家庭以外から排出されるものは、ごみステーションに出すことはできません。事業系一般廃棄物となりますので、許可業者に収集を依頼してください。

・家庭から出た枝、丸太、木くず 枝、丸太、日曜大工の残りくず、庭の木の伐根 など
家庭から出た草花類 雑草、落ち葉、枯れた花、金属やプラスチックなどを使っていない草花だけで作られたリースなど
割りばし 使用済の木製の割りばし(竹のはしや竹串、つまようじなどは「14もえないごみ」です)

〔排出時の注意〕
※釘など木類及び草花類以外のものは取り除いてください

4 危険ごみ  赤字の資源追加!


 スプレー缶は、火災を予防するため、使い切ってから屋外で穴を開けてください。

 水銀含有物、スプレー缶、ガスボンベはリサイクルしています。

・水銀含有物 乾電池、電球、蛍光管、体温計、水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計
・火災危険物 花火、ライター、チャッカマン、マッチ
・爆発危険物 スプレー缶、カセットコンロ用ガスボンベ

5 テレビ以外の小型家電


 平成28年5月1日から、これまで町内の拠点にボックスを置いて回収していた小型家電をごみステーションからの無料回収に変更しています。
 「テレビ以外の小型家電」という分別区分としていますが、「テレビ」は家電リサイクル法の対象であるため、冷凍庫・冷蔵庫、洗濯機・乾燥機、エアコン同様、ごみステーションに出すことができませんので、小さなサイズのテレビであっても、家電リサイクルの手続きにより処理をお願いします。
 電池、バッテリーは、必ずとりはずして「4危険ごみ」で出してください。

・通信用電子機器 電話機、FAX、携帯電話、スマートフォン、PHS、ラジオなど
・撮影用電子機器 フィルムカメラ、デジタルカメラ、ビデオカメラ、DVDレコーダーなど
・音楽用及び映像用電子機器 DVDプレーヤー、ステレオセット、電子ギター、電子キーボード、スピーカー、アンプ、衛星放送用アンテナ、チューナーなど
・車両用電子機器 カーナビ、カーステレオ、ETCなど
・パソコン類 デスクトップ、ノートパソコン、タブレットなど
・パソコン周辺機器類 DVDやUSB等の記憶装置、プリンタ、ディスプレイ、キーボード、外付けハードディスクなど
・事務用電子機器 電子辞書、電子式卓上計算機、ポケットコンピュータ、ICレコーダーなど
・医療用及び健康用電子機器類 電動式吸入器、電気マッサージ器、小型のランニングマシン、体重計、電動歯ブラシなど
・台所用電子機器 炊飯ジャー、電子レンジ、ジューサー、ミキサー、コーヒーメーカー、ホットプレート、ジャーポット、食器乾燥機、電磁調理器、換気扇など
・空調用電子機器 扇風機、電気除湿機、加湿器、空気清浄機など
・衣料用及び衛生用電子機器 電気アイロン、電気掃除機、電動ミシンなど
・暖房用電子機器 電気ストーブ、電気カーペットなど
・理容用電子機器 ヘアドライヤー、電気かみそりなど
・園芸用電子機器 小型の電気芝刈機など
・電気照明器具 蛍光灯器具など(蛍光灯は「4危険ごみ」)
・玩具用電子機器 ゲーム機、コントローラ、電動式玩具など
・その他 電子時計、電動グラインダー、電気ドリル、リモコンなど

〔排出時の注意〕
※高さ30cm、幅30cm、奥行40cm以内のサイズの家庭で使用済みとなった小型家電が対象です
※テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機・乾燥機は、家電リサイクルの対象となりますのでごみステーションに出すことはできません
※パソコンや記憶装置のデータはあらかじめ消去してください
※電池、バッテリーはとりはずして「4危険ごみ」で出してください

6 新聞

・新聞 新聞紙、新聞の折込チラシ

〔排出時の注意〕
※新聞に折り込まれる「小さいパンフレット」は、「2紙製容器包装・雑がみ」に区分してください(ホッチキスをはずす必要はありません)
※晴れた収集日にごみステーションに出してください

7 雑誌


 平成28年5月1日から「雑誌」は、「雑がみ」と同じ区分ではなく、単独の分別をお願いしていますので、「雑誌」は「雑誌」だけで束ねてください。
 「雑誌」の基準は「本」の形状をしているかどうかです。
 パンフレット、リーフレットは「2紙製容器包装・雑がみ」の区分となります。

・雑誌 漫画、週刊誌、文庫本、事典など

〔排出時の注意〕
※晴れた収集日にごみステーションに出してください

8 ダンボール


 布製のガムテープや金属は取り除いてください。
 「ダンボール」とは、波状に成形した板紙(「中しん」) の片面又は両面に板紙(「ライナー」) を貼り合わせたものです。
 断面をみて、この形状になっていなければ、「2紙製容器包装・雑がみ」の区分となります。

〔排出時の注意〕※晴れた収集日にごみステーションに出してください
※事業者が排出するダンボールは、ごみステーションに出すことができません

9 紙パック


 紙パック専用の識別マーク「紙パック」の表示を参考に分別してください。

画像(180x140)・拡大画像(281x220)

・紙パック 牛乳パック、ジュースのパックなど

〔排出時の注意〕
内側がアルミで覆われている紙パックは、「2紙製容器包装・雑がみ」の分別区分となります
※紙パックに付着しているストローのビニール包装は、「12プラスチック製容器包装」の分別区分です
※晴れた収集日にごみステーションに出してください

10 きれいな古繊維


 平成28年5月1日から、これまで町内の拠点にボックスを置いて回収していた古繊維をごみステーションからの無料回収に変更しています。
 「きれいな古繊維」という分別区分としているとおり、「濡れているもの」、「汚れているもの」は回収できませんので、洗濯して乾かしてからごみステーションに出してください。
 全ての古繊維がリサイクルできるわけではありませんので、次の区分をあらかじめ確認願います。
 集められた古繊維は半分がウエスに、半分が海外で再使用されます。

・衣類 Tシャツ、Yシャツ、ポロシャツ、肌着、ネルシャツ、パーカー、ジーンズ、ジージャン、綿パンツ、トレーナー、スウェット、カプリパンツ、スキニーパンツ、ショートパンツ、レザージャケット、チュニック、ワンピース、スカート、キャミソール、タンクトップ、スポーツウェア、パジャマ、毛皮、ジャージ類、子供服、ダウンジャケット、女性用コート、サマーセーター、カットソー、ダッフルコート、バスローブ、水着、アンダーシャツ
・タオル類 タオル、バスタオル、ハンドタオル、フェイスタオル、タオルハンカチ、タオルケット
・寝具類 枕カバー、毛布、布団カバー、肌がけ布団(薄手)、敷きパッド(薄手)
・衣類以外の繊維類 ぬいぐるみ

※次の古繊維は、「13もえるごみ」、または「15粗大ごみ」です。

・下着類 パンツ、ブリーフ、靴下、ストッキング
・和服類 着物一式、帯、帯締め、袴、羽織、足袋、はんてん、浴衣
・布団類 綿入り毛布、電気毛布、丹前毛布(着るタイプの毛布)、反物(布切れ)、羽根布団、おねしょパッド、ボアパッド、枕・枕用パッド、マットレス、こたつ布団、こたつ毛布(綿入り)、台所マット
・絨毯類 カーペット、キルトマット、玄関マット、じゅうたん、ラグマット
・タオル類 身体洗い用タオル
・衣類以外の繊維類 鍋つかみ、シャワーカーテン、トイレ用品、便座カバー、カーテン、レースカーテン、手袋
・その他 ペット用のタオルや毛布、こたつの下敷き
・状態のよくないもの 汚れているもの、濡れているもの、異臭のするもの

11 使えるくつ・かばん 赤字の資源追加!


 平成28年5月1日から、「使えるくつ・かばん」の無料収集を始めています。サイズが小さくなって使わなくなり、まだまだ充分使える靴やきれいなランドセルなどが対象です。
 平成29年4月1日からは、「アクセサリ類」も無料収集します。ヘアーバンドやシュシュなどが対象です。
 集められたものは、海外で再使用されます。
 海外の方が再使用しますので、汚損しているものは対象外です。また、海外でニーズのないものは、対象外となっています。
 次の区分をあらかじめ確認願います。

・使える靴 破損や汚れのないスニーカー、運動靴、革靴、サンダル、ブーツ、ヒール、長靴 など
・使えるかばん 破損や汚れのないカバン、リュック、ショルダーバッグ、ランドセル、スーツケースなど
・使えるアクセサリ 財布、ポーチ、帽子、ベルト、ヘアーバンド、シュシュ、カチューシャ、ネックレス、ブレスレットなど

※次の靴・かばんは「14もえないごみ」または「15粗大ごみ」です

くつ 下駄、草履、スキーブーツ、スケート靴、汚れている靴 など
かばん ゴルフバッグ、破損しているかばん、汚れているかばん、穴の開いた財布、破れた財布 など

〔排出時の注意〕
※収集したものは、海外で再使用されます
※収集できないものは、絶対に混ぜないでください

12 プラスチック製の容器包装


 プラスチック製容器包装の分別収集を開始してから14年余りが経過しました。浸透はしているものの、未だもえるごみに混入しているごみが多く、一層の分別収集の協力をお願いします。
 指定ごみ袋は、オレンジ色です。
 オレンジ色の指定ごみ袋に入れるのは、「商品の容器包装でプラスチック製のもの」です。店舗や通信販売などによる買い物をし、商品を取り出したり、使用したり、飲食した後に不要となるプラスチック製の容器とプラスチック製の包装が対象となります。
 プラスチック製容器包装専用の「プラ」マークの表示を参考に分別願います。
 商品の容器包装以外のプラスチックは、平成29年4月1日から「14もえないごみ」となります。

画像(180x155)・拡大画像(229x198)

・網・ネット類 りんごの白いネット、みかんの赤いネット
・カップ類 カップ麺のカップ、プリン・ゼリー・ヨーグルトのカップ
・パック類 卵のパック、乾電池のパック、プリン・ゼリー・ヨーグルトを複数くるんだパック
・袋類 トイレットペーパーの袋、レジの袋、インスタントラーメンの袋、スナック菓子の袋
・ラップ類 魚や肉のラップ、おにぎりのラップなど買い物をした商品を消費した後に不要となるラップ
・キャップ類 ペットボトルのキャップ、日用品のキャップ
・チューブ類 洗顔フォームのチューブ、歯磨き粉のチューブ、わさび・からし・マヨネーズなどのチューブ
・ボトル類 シャンプーのボトル、ソースのボトル、乳酸菌飲料のボトル、食品油のボトル
・トレイ類 納豆のトレイ、弁当のトレイ、惣菜のトレイ、和菓子のトレイ、白色トレイ
・その他 口紅・リップクリームのスティック、苗木の黒いポット、発泡スチロール

〔排出時の注意〕
※食べ物や飲み物のプラスチック製容器包装はさっと洗ったり、軽く拭きとってください
※食べ物や飲み物以外のプラスチック製容器包装は、使い切ってる場合は洗わなくて結構です
※かさばるものは、つぶしたり、細かく切ってかまいません

13 もえるごみ


 平成28年5月1日から、台所で使用したアルミホイルや弁当がらのアルミのくず、キャンプやバーべキューで使用するアルミホイルについては、利便性を考慮してもえるごみに変更しています。大判のアルミホイルは、小さくつぶす手間を必ずお願いします。
 平成29年4月1日から、廃食用油、貝殻、プラスチック類、植物・木類、ゴム類は、資源又はもえないごみの収集に変更となりましたので、それぞれの分別区分を確認願います。
 また、調理くず(調理時に不要となる野菜の切れ端、果物の皮・種、卵の殻)は、将来的なリサイクルのために試行的に無料で回収し、リサイクルのテストを行いますので「もえるごみ」とは別に分別のご協力をお願いします。

 もえるごみの減量化のために、特に紙類・プラスチック類の分別の徹底、生ごみの水切りの徹底をお願いします。分別の徹底により町のごみ処理経費をぐっと抑えることができます。

 もえるごみの減量化にご協力ください。

・燃えがら 消火した炭の燃えかす、消火したたばこの吸殻など 
・紙くず類 紙おむつ、使用済みのちり紙、宅配伝票、写真、レシートなどリサイクルできない紙くず
・繊維類及び皮革類 汚れた古繊維、リサイクルできない古繊維など
水を切った台所のごみ 調理後の残飯、茶殻、魚のあら、弁当がらのアルミホイルなど

〔排出時の注意〕
生ごみは必ず水をよく切りましょう
※アルミホイルは小さくつぶしてから赤い専用ごみ袋に入れてください

14 もえないごみ  一部のごみはもえるごみからもえないごみに変更!


 平成29年4月1日から、サイズにかかわらず、「商品の容器包装」以外のプラスチックは全てもえないごみとなります。また、「家庭の枝・木くず」以外の木類、ゴム類ももえないごみとなります。
 こうした変更は、焼却量や埋立量を減らし、ごみ処理経費を抑えるために行うものです。ご理解のほどよろしくお願いします。
 以下のごみは、もえないごみとなります。
 ごみ処理場において、丁寧に処理し、リサイクルできるものはリサイクルを徹底します。

・陶磁器類 茶碗、花瓶、皿など
・ガラス類 コップ、花瓶、板ガラス、鏡、ファンデーションのコンパクト、割れたびんなど
・刃物類 包丁、ナイフ、はさみ、カッター、カミソリなど
・金属類や硬いごみ 針金、鉄パイプ、ハンガー、なべ、やかん、ショベル、傘、ボーリングの玉など
・プラスチックの商品 ビデオテープやカセットテープ、ボールペンや定規などの文房具、プラスチックのおもちゃ、家庭から出るヘルメット、スキーブーツ、スケート靴、バケツ、ボウル、三角コーナーなどの調理用具、洗濯バサミや物干しなどの生活用品など
・木類 木のおもちゃ、鉛筆、木製の食器、まな板、木製ハンガーなど
・ゴム類 バレーボールのボールなど
・長いごみ ホース、ケーブル、しばりひも、庭で使っていた網等のひも状のものなど(50cm以内に切ってください)
・汚損したくつ・かばん 下駄、草履、スキーブーツ、スケート靴、汚損しているくつ、汚損しているかばん、破れた財布 など

〔排出時の注意〕
※割れたものや刃物は紙で包んで安全にしてから出してください
※長さのあるごみやシート類で切れるものは、必ず50cm以内の長さ、サイズに切ってから青い指定ごみ袋に入れてください

15 粗大ごみ


 大人が一人でトラックに載せられないような大型のごみや重たいごみ(家庭で使っている冷凍ストッカー)は、ごみ処理場に直接持込むか許可業者に依頼してください。

・家具類 机、タンス、ソファー、テーブルなど
・大型家電 「テレビ」、「冷蔵庫・冷凍庫」、「エアコン」、「洗濯機・乾燥機」以外の家電で大型のもの(高さ30cm×幅30cm×奥行40cmを超えるサイズのもの)
・その他 ふとん、じゅうたん、家庭で使ったブルーシート、自転車、三輪車など

テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機、エアコンは、家電リサイクル法の対象ですから、粗大ごみとしてごみステーションに出すことはできません

※ブルーシートやじゅうたんは50cm四方に切ったら、「14もえないごみ」の指定ごみ袋に入れることができます

16 かん


 一斗缶、食用油の缶、塗料の缶は「14もえないごみ」です。

画像(180x167)・拡大画像(216x201)
画像(180x162)・拡大画像(220x198)

・スチール缶類 コーヒーの缶、お茶葉の缶、粉ミルクの缶、ペットフードの缶、缶詰の缶
・アルミ缶類 ジュースの缶、ビール缶、焼酎の缶

※缶詰や魚肉缶、ペットフードの缶などは水できれいに洗って下さい
※中身はからっぽにしてください
※つぶさないでください
※タバコの吸い殻を入れないで下さい

17 びん


 紙のふたは「2紙製容器包装・雑がみ」、アルミ、鉄などの硬いふたは「14もえないごみ」です。

・ワンウェイびん ジュースのびん、塩辛のびん、ドレッシングのびん、焼肉のたれのびん、ジャムのびん、化粧品のびん
・リターナブルびん 一升びん、ビールびん

〔排出時の注意〕
※ジャムや塩辛、ドレッシングなどのびんはきれいに洗って出して下さい
※キャップをはずしてください
※油のびん、花びん、割れたびん、哺乳びんは「14もえないごみ」です

18 ペットボトル


 ペットボトル専用の識別マーク「PET」の表示を参考に分別してください。
 キャップは必ずはずして「12プラスチック製容器包装」の専用袋に入れてください。

画像(145x180)・拡大画像(160x198)

・清涼飲料のペットボトル 清涼飲料水、コーヒー飲料、茶飲料、果汁飲料、乳飲料、ドリンクタイプのはっ酵乳、乳酸菌飲料など
・特定の調味料のペットボトル しょうゆ、しょうゆ加工品(めんつゆ等)、みりん風調味料、食酢、調味酢、ドレッシングタイプ調味料(ノンオイル)など
・酒類のペットボトル 焼酎、本みりん、洋酒、清酒など

〔排出時の注意〕
※ペットボトルのリサイクルマークが表示されている容器が対象です
※必ず水でゆすいでください
※ラベルははがさなくて結構です
※キャップを必ずはずしてください(ボトルにはめ込み式になっているキャップではがし切れない部分はそのままでかまいません)


投稿:町民課


掲載日時:2017/05/29/(月)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ