別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

指定ゴミ袋について

{総務課}
【H28.07.01】指定ゴミ袋について




 他府県から引っ越して来ました。前居住地では指定ゴミ袋というものがなく、ゴミ袋は半透明のビニール袋ならなんでも良いという地域でしたので、まず指定ゴミ袋を購入しなければならないことに驚きました。

 とくに燃えるゴミについて、要望です。
 生ゴミは毎回の回収日に必ず出したいものですが、指定ゴミ袋が最小でも20リットルということで、なかなか満杯にすることができません。

 ゴミが少ないのは良いことだと思うのですが、ゴミ袋が有料なので非常に無駄をしている思いです。かといって、生ゴミを1週間も自宅に置いておきたくなどありません。
 新設された「紙ゴミ」をせっかく分けて取ってあるのに、ゴミ袋もったいなさにその紙ゴミを燃えるゴミ袋の空いた空間に詰めて出している始末です。

 自分なりに調べてみると、たとえば東京都下(23区は指定ゴミ袋なし)では全ての市で40、20、10、5リットル、まれに3リットルという袋を販売しています。

 別海町でも10リットル、5リットルの燃えるゴミ指定袋を作ってもらえませんか?
 そうすれば、生ゴミを毎回心置きなく出す事ができて暮らしが気持ちよくなるのですが。


【H28.07.07】町民課回答


 
 このたびは、指定ごみ袋についてご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
 いただきましたご意見、ご要望について回答いたします。

 まず、当町の指定ごみ袋制度についてです。

 当町のごみ処理経費は、過去からその一部を排出量に応じて住民、事業者が負担する制度をとることで、より公平に住民負担がなされるよう配慮しております。

 過去においては、町内会を通じて、ごみ処理手数料を現金で各世帯、事業者から徴収しておりましたが、容器包装リサイクル法の施行に併せて指定容器(ごみ袋)の購入時に徴収することといたしました。
 ご理解の程よろしくお願いいたします。

 次に、もえるごみの袋についてです。

 もえるごみの指定容器については、10リットルの容器も用意しております。
 販売店においては、在庫切れの場合もあろうかと思います。次のリンク先をご参照頂き、ごみ袋指定取扱店で購入願います。
 【 http://betsukai.jp/blog/0001/index.php?ID=146 】

 なお、10リットルより小さい容器についてですが、多くの種類の容器を作成すると1枚あたりの作成費用が非常に高くなります。
 現状においても、もえるごみについては、1番容量の小さい10リットルの容器が他の容量の容器に比べて、少ない使用量となっております。

 このため、現在のところは、10リットルより小さい容器を作成する計画はなく、この点についてもご理解いただきたいと存じます。

 この度は、ご意見を頂きありがとうございました。
 引き続き分別収集とリサイクルの推進にご協力よろしくお願いいたします。





投稿:総務課


掲載日時:2016/07/15/(金)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ