別海町役場 〒086-0205 北海道野付郡別海町別海常盤町280番地 TEL.(0153)75-2111 / FAX.(0153)75-0371

医療費が高額になったとき

{町民課}{国保・年金}

1ヶ月に支払った医療費の一部負担金が限度額を超えた場合、超えた額を高額療養費として支給します。
医療費とは、保険診療でかかった費用の総額(10割)のことです。
このうち病院の窓口で支払う金額(医療費の3割、2割、または1割)を一部負担金といいます。

●高額療養費の算定方法
・月の1日から末日までの受診について、1ヶ月単位で計算します。
 当月中旬から翌月にかけて入院した場合は2ヶ月の計算となり合算することはできません。
・70歳未満の人については、同じ月に同じ医療機関で支払った一部負担金が21,000円以上の診療のみを算定の対象とします。
 ただし、同じ医療機関であっても、入院と外来、または医科と歯科があった場合、これらは分けて算定対象とします。
・70歳以上75歳未満の人については、医科、歯科、調剤等すべての一部負担金を合算します。
・差額ベッド代等保険のきかないものや食事代は含みません。

●高額療養費の申請方法
以下のものをお持ちのうえ役場または各支所にて支給申請を行ってください。
・領収書
・世帯主の印鑑
・振込み先口座の確認できるもの
なお、申請後支給決定までには約2ヶ月間かかりますのでご了承ください。

●限度額適用認定証
高額療養費に該当する治療を受ける場合、医療機関窓口に提示すると窓口負担額が各世帯の所得に応じた限度額までで計算される認定証です。

70歳以上75歳未満の人は住民税非課税世帯の人のみ交付可能です。課税世帯の人は高齢受給者証を医療機関に提示することにより、自己負担限度額までの支払いとなります。
・各医療機関の窓口ではこの認定証に基づいて窓口負担額を計算しますが、同じ月内で複数の医療機関を受診した場合や世帯で合算して差額が発生する場合は、後日高額療養費の支給申請手続きが必要となります。
・交付申請の際は「保険証」と「世帯主の印鑑」をお持ちください。なお、連絡事務所でも申請できますが、その場合は後日郵送となります。


●自己負担限度額
【70歳未満の人】
(平成26年12月診療分まで)

 
区分 所得要件 3回目まで 4回目以降

上位所得者
基礎控除後の所得
600万円超
150,000円+(総医療費
-500,000円)×1%
83,400円

一般所得者
基礎控除後の所得
600万円以下
80,100円+(総医療費
-267,000円)×1%
44,400円

低所得者
住民税非課税世帯 35,400円 24,600円

(平成27年1月診療分から)  
区分 所得要件 3回目まで 4回目以降
基礎控除後の所得
901万円超
252,600円+(総医療費
-842,000円)×1%
140,100円
基礎控除後の所得
600万円〜
901万円以下
167,400円+(総医療費
-558,000円)×1%
93,000円
基礎控除後の所得
210万円〜
600万円以下
80,100円+(総医療費
-267,000円)×1%
44,400円
基礎控除後の所得
210万円以下
57,600円 44,400円
住民税非課税世帯 35,400円 24,600円

※過去12か月間に同じ世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合は4回目以降の限度額となります。

【70歳以上75歳未満の人】
70歳以上の人は、外来(個人単位)の限度額を適用後、外来+入院(世帯単位)の限度額を適用します。

 
所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者 44,400円 80,100円+(総医療費
-267,000円)×1%
<4回目以降44,400円>
一 般 12,000円 44,400
低所得者U 8,000円 24,600円
低所得者T 8,000円 15,000円

●高額介護合算療養費
医療保険と介護保険の両方に自己負担額が生じ、それらを合算した額が基準額(年額)を超える場合に、医療保険と介護保険それぞれの比率に合わせて高額介護合算療養費として支給されます。

【70歳未満の人の基準額】

所得要件 平成26年7月までの
基準額
上位所得者(基礎控除後の所得600万円以上) 126万円
一 般(基礎控除後の所得600万円未満 67万円
住民税非課税世帯 34万円

所得要件 平成26年8月〜
平成27年7月の
基準額
平成27年8月
以降の
基準額
基礎控除後の所得901万円超 176万円 212万円
基礎控除後の所得600万円〜901万円以下 135万円 141万円
基礎控除後の所得210万円〜600万円以下 67万円 67万円
基礎控除後の所得210万円以下 63万円 60万円
住民税非課税世帯 34万円 34万円

【70歳以上75歳未満の人の基準額】

所得区分 基準額
現役並み所得者 67万円
一 般 56万円
低所得U 31万円
低所得T 19万円


投稿:町民課


掲載日時:2013/04/01/(月)

■この記事の評価        ■コメント
良い ←―――――→ 悪い     
5

ページのトップへ ページのトップへ